slack

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2016/08/29

9月の発表に注目

ここ 2 週間ほど、海外コミュニティが Notes/Domino の将来についてああでもないこうでもないと議論を繰り返しています。起因となったのは MWLUG での出来事のようです。 MWLUG はアメリカの中西部を中心とするユーザーグループイベントで、米国でも最大級の ICS イベント。おそらく、Notes/Domino に関わるベンダー企業、エンドユーザーともに IBM Connect に次いで重きを置いています。

そんなイベントの基調講演で誰もが期待していた Notes/Domino のロードマップが明確に示されず、うやむやにされたまま終了してしまいました。加えて、開催を直前にひかえ Notes/Domino 製品開発で、コミュニティのフィードバックを真剣に聴き、リードしてきたプロダクトマネージャーが IBM を退社するというニュースも相まって、コミュニティに不穏な空気が流れ始めました。

わずかに示された Notes/Domino に関するものは、約 3 年も Domino Next としてメジャーリリースの出荷を期待する中 (おおかたの予想では 9.0.2 であった) 、なんと FixPack としてリリースされるというものです。皆さんもご存じの通り、通常 FixPack とは現行リリースからの機能拡張ではなく、バグ修正のことをいいます。「3 年も待たせておいてバグ修正版かよっ!」「顧客が不安視する」などの声があがったりしています。まぁ、この FixPack には事実上は機能拡張リリース 9.0.2 で追加されるはずのものが、何故 FixPack という形態にとどめたのか、あるいはとどめなければならなかったのかの理由も一切語られていません。このリリースは良いとしても、それ以降のロードマップが示されておらず (唯一出てきた言葉は Application Modernization という言葉だけ)、あるいは示すことができない(つまり、もう終わらせてしまうつもり)ことから、Notes を諦め今からでも他へ移行する検討を始めるべきだというブロガーも出てきています。

IBM が FixPack としてリリースする IBM 側と顧客側の都合のよい点をあげてみましょう。IBM としてはメジャー/機能追加リリースに関わるドキュメンテーションなどの一新をすることないことです。新しい機能は作ったものの、それをユーザーに提供するのにリソースが足りないという問題も透けて見えてきている感じがします。内部事情はよくわかりませんが、IBM 社内では当然のことながら Verse や他の ICS ポートフォリオに人的リソースを奪われている予想され、Notes/Domino に力を注ぐリソースが先細りの状態になっているのではないかと勝手に思い込んでいます。

一方、 9.0.x のサポートは 2021 年まで延長される見込みです。利用ユーザーにはこの FixPack リリースは良いニュース(?)、安心して長期にわたって使っていける安心材料になるでしょう。

もうひとつ、Application Modernization という言葉が示唆するものが一体何か?
すでに海外では XPages さえもレガシーといわれるまでこれまで年数を重ねてきています。XPages も Domino の機能のひとつですが、アプリケーション開発という点では海外の開発者の間では、もう一区切りついた感が漂っています。そんな中での Modernization は非常に興味深いものです。もしかしたら実態のない言葉だけを IBM が示しただけかもしれません。

9 月に 9.0.x のサポート期間のアナウンスが正式にされる予定になっています。そこで何が発表されるのか、ベンダーや顧客がどうそれに反応するのか,
IBM はこれからも変わらず Notes/Domino にコミットしていくのかを注意してみていく必要があります。
 
みなさんも是非注目してください。

2016/07/28

IBM Connect Japan 2016 Tokyo に参加して

こんにちは。東京お茶の水ソラシティカンファレンスセンターで IBM Conect Japan 2016 が昨日開催されました。

今回は展示ブースとセッションでゼネラル・セッション以外は見て回ることができませんでしたので、詳細はお伝えできないことを承知でこの記事を書いています、ご容赦ください。

今回のイベントスローガンにもなっている重要なキーワードは、
コグニティブ・ビジネス」。それが導く「ワークスタイル変革」。
イベントサブタイトルにもあるように、「新しい働き方へ導く次の一手」を提案する IBM。
その背景には、人工知能つまり IBM Watson を組み合わせることで実現する新しいビジネス展開を今回のイベントでは簡潔に伝えられたのではないでしょうか。

ナレッジを得意分野としている IBM Notes/Domino と、その中に蓄積されている膨大なデータ、特に非構造化データとして埋もれていたコンテキストを人工知能が理解し、学習していく過程で、ユーザーに最適と思われる「答」を提案するというものです。

基調講演には、IDC Japan の眞鍋敬氏が登壇し、ワークスタイル変革の現在と未来で主にテレワークの実現するためのテクノロジーや欧米と日本との比較、あるいは大企業と中小企業との比較で、テレワークを検討し一部でも着手すればその良さがわかりどんどん拡張していくが、一方で良さを理解できない検討もしないという会社とはますます企業間の競争力が広まるばかりで、検討しないことへの警鐘を鳴らしていました。着手しない理由には、セキュリティを守れるかということが一番大きいだろうということは周知であり、それを踏まえても一歩踏み出すか否かが重要だとしています。

ゼネラル・セッションでの IBM 講演では、松浦光氏がデモを交えて今回の目玉であるノーツのデータを Watson に解析させ「解」を求める簡単なデモを実践。実際でもデモが行われた内容は IBM 木村氏の「ノーツでワトソンを体験!」でもみなさんも体験できるようになっているので是非ご一読、体験いただきたいと思います。内容は理解できたが、聴講した参加者の顔を見回してみると、実装した際にどのような「コグニティブ・ビジネス」が展開できるのだろうかという考え込んでしまうのが今現在のノーツユーザーの生の声でないだろうか?果たして自社に導入して効果があるのか、どういう効果があるのか。とかく費用対効果でしたIT投資しないことが多いなかでの IBM の「今時点」での提案は少しハードルが高いのかもしれないという声が聞こえてきそうです。
個人的には、デモにあったような Watson へアクセスし理解してもらい、学習してもらい、最終的に解答を得るプロセスをデータベース単位ではなく、Domino の標準機能としてラッピングされていてダイレクトに Watson にアクセスでき、例えば開発者はノーツの @関数のような @GetSuggestionFromWatson のようなもので解答が得られることできれば、このノーツユーザーへの提案は加速度的に広まるのではないかと感じています。多分ないと思いますが。

いづれにせよ、まだよちよち歩きのコグニティブ適用の段階なので、今後 IBM から発表されるテクノロジー動向などを注視していきたいと思います。みなさんは今のうちにこの人工知能がノーツのデータを学習し推論をユーザーに提供するプロセスを今現在の仕事の中でどうあてはめていくかを妄想のレベルでも良いので一度考えてみるといいのではないかと思います。

このイベントは名古屋、大阪など地方都市でも開催されますので、機会があれば是非参加してみてください。

2016/06/28

Domino Designer 9.0.1 の内部 HTTP の挙動に疑問

ふとしたきっかけから、最新の OpenNTF の XPages Extension Library をインストールして Bootstrap でのアプリケーションレイアウトを使ってデモ用のアプリケーションを作成している際に出くわした問題です。

これが私独自の環境のせいなのかわかりません。いろいろネットを巡ってはみましたがこれといったものも見つからず。。。

9.0.1 用の XPages Extension Library の最新版 v17 を Domino Designer にインストールし、アプリケーションレイアウトコントロールで Bootstrap のレイアウトを選択し、XPage に表示してみましたが下記のようなエラーが出てしまいます。
2016 06 23 173617
test.xsp は XPage、layout2.xsp はカスタムコントロールでアプリケーションレイアウトを実装しています。ローカルのブラウザ (Domino Designer の HTTP)を使ってプリビューするとエラーとなってしまいます。
com.ibm.xsp.extlib.library のバージョンは 9.0.1.v00_00 が現在のライブラリになっていることから、当初は Extension Library の導入の失敗かと思い、FixPack6 を当てても、ノーツを削除し再インストールしてFP6を当て、その後に Extension Library を導入しましたが、どうみても正しくインストールされているようにしか見えません。現に、アプリケーションレイアウトコントロールには Bootstrap のレイアウトも選択でき、何の問題もなくビルドできます。

Domino サーバーにも Extension Library v17 をインストールして、今度はサーバー上にデータベースを配置して同様にプリビューしてみたら、正常に表示されました。

ローカルの HTTP では OSGi が Domino サーバーと同様にまでは動かないのでしょう。因みに 8.5.2 あたりまではコマンドラインから nhttp -preview でローカルで HTTP を起動してイタものですが、これも今では正しく動きません。Extension Library のようなプラグイン的なものが全部抜け落ちて HTTP が上がってくるような挙動をします。

もうひとつローカル HTTP で不可解な事象は、リッチテキストフィールドの編集を内蔵する CKEditor です。これはかなり開発途中でインパクトがあると思うのですが、文書モードを編集モードに切り替えても、リッチテキストフィールドで定義されているフィールドが編集モードとして表示されないという現象です。
9.0.1 FP6 を Domino にも クライアントにもインストールし、同じデータベースを使ってそれぞれに配置し、Domino 上、そしてローカル HTTP でプレビューしリッチテキストが定義されているページを編集モードで開くと、ローカル HTTP では CKEditor が正しく編集モードで表示されません。

開発をするときにも、やはり Domino サーバーがないときちんとアプリケーションを検証できないというのは困ったものです。

何か方法があるよという方は是非教えていただきたいと思います。

2016/06/14

IBM ICS Developer Competition 2016

海外のコミュニティを中心としてアプリケーション開発コンテストの参加申込みが締め切られました。

コンテストの概要は Bluemix を核とする IBM Notes/Domino、Connections、Box を使ったアプリケーションを2名以上のチームで開発を行い審査を経て表彰されるというものです。

個人的に興味を持っていることは、ただただ次の一点。「IBM Notes/Domino ユーザー企業が Bluemix で何ができるのか」ということ。

現在、IBM は 開発においては強力に Bluemix を推しており、かなり力を入れているのがわかります。しかし、Bluemix で利用できる様々なサービスを組み合わせてアプリ開発ができることは素晴らしいと思う反面、企業の業務に根ざしたアプリケーションを多く抱えている Notes/Domino ユーザーにとって、これまで構築してきたデータベースをはじめ、これから将来に向けてどのようなアプリを展開できるかについては、IBM からまったく示されてように感じます。そのような状況では、Notes/Domino ユーザーにとっては、Bluemix へのお関心がなくなるだけでなく、Notes/Domino への関心も薄れてしまう危機感さえ覚えます。

現在約10チームが応募しているそうです。
このコンテストの結果は 9月15日、ICONUK というイベント期間中に発表されます。


2016/05/09

IBM Verse Basic (無料版) が 6月15日をもってサービスを終了

 IBM Verse の無料版のサービスを終了するというアナウンスがありました。現在はログインの画面にメッセージが表示されています。
スクリーンショット 2016 05 09 10 21 46
これまで IBM Verse を導入してみようかというユーザーにはお試し版として、使用量の制限はあるものの1年以上フリーのメールアドレスとして利用してきたユーザーもいると思いますが、このタイミングで終了のアナウンスと正規版の購入を促すメッセージと共に終了します。Basic では長らくモバイルアプリでの使用ができるようにとの声も上がっていましたが、実現せず終止符を打つ結末となり残念です。
https://support.ibmverse.com/support/verseforum.nsf/xpTopicThread.xsp?documentId=4256CB75A42C1E3986257FAB007782D7#B2B7DA59244223E186257FAB0079F63C

これまでのデータの移行のガイドも示されています。
https://support.ibmverse.com/support/verseforum.nsf/xpTopicThread.xsp?documentId=0ECE7CA5F817407886257FAB00774EFE
必要なものは、ほとんどがマニュアルの作業でのバックアップをしてくださいということと、今後このメールアドレスへの受信は他のアドレスへの転送の設定をしてくださいというものです。必要な方は期日までに対応してください。