投稿

IBM Notes/Domino V10 意見交換ラウンドテーブルに参加してきました

Notes/Domino Day 2018 Summer の翌日、ノーツコンソーシアム主催のラウンドテーブルがあり、海外から来日し前日講演したIBM のAndrew Manby 氏や Luis Guirigay 氏など、責任者の方々と Notes/Domino v10 に関する意見交換を行ってきました。
V10 に限らず、昨日の講演の感想や心に残ったこと、また IBM に対する要望などを話し合ってきました。

参加された方々からは、活発に意見が展開され、特に世界でも2番目に大きい市場である日本からの意見をひとつひとつ丁寧に聞き入ってもらった印象を受けました。

どんなことが話されたのか皆さんも興味があるとは思いますが、参加された他の方の意見をここで公にしていいのか迷いましたので、ひとまず私の意見だけを載せておきたいと思います。

まずは前日の講演からのフィードバックとして node.js、HCL Nomad、そしてビジネスアプリケーションプラットフォームとしての統合環境であることの強調の3点が印象に残ったことを述べ、V10 に向けての要望として Notes クライアントのデフォルトフォント Default Sans や Default Sans Serif でデフォルトで MS P 明朝や MS P ゴシックになっているので、どのカスタムアプリケーションも古臭く見えてしまうのでメイリオなど MS でも現在標準になっているフォントに変えて欲しいというジャブから始めました。

余談ですが、V10 Beta プログラムのオンラインフォーラム上に、ビューの三角アイコンがいかにも古臭いノーツを想起させるのでこの際’+’や’ー’などに変えたらという内容も投稿しました。

V10にアップグレードしただけで、「お、見た目変わったね」という要素が欲しいですよね。

とにかく、いちばん白熱(?)した話題は(私も話に乗っかっただけですが)、製品の機能のことではありませんでした。それは IBM の Domino に対する市場へのプロモーションにおいて経営層へのアプローチをはじめ、ソーシャルメディアによるプロモーションに頼りっきりにならずもっとマーケティングを真剣に大々的にやって欲しいという要望です。IBM の社内の事情もあると思いますが、この機を逃すと本当にやばいんじゃないという危機感がどのビジネ…

Notes/Domino Day 2018 Summer を勝手にレビュー

イメージ
過日7月3日に Notes/Domino Day 2018 Summer が東京・品川のクラブEX で行われ私も参加してきました。

これを読まれている方の中には、直接現地に足を運んだ方も、またオンラインでご覧になった方もたくさんいらっしゃると思います。
前週にちょうど「Notes/Domino 10 Beta 1」が特定の人に向けて公開されたこともあり、今回のイベントはあらためてコラボレーション市場における IT 投資先として IBM Notes/Domino の存在感とその価値を改めて認識するとともに示されたロードマップから市場にあるコラボレーション製品群がら群を抜いて優位性があることが強調されたイベントとなった印象です。
明らかになったロードマップ まずはロードマップ。情報のアンテナを常に張っている方なら海外のイベント等ですでに発表されている内容ですが、そうでない方々にも今回改めてしっかりロードマップが示され IBM は今後も Notes/Domino に投資していくことを約束するという言葉をお聞きになったと思います。同時に、Notesから他のプラットフォームを検討している、あるいは検討に入る前の企業にとってはこのメッセージは、安心して Notes を使い続けてもいいのだとお感じになったと思います。

#domino2025 のキャンペーンとともに語られたのは、継続した Notes/Domino への投資の約束とすでに Domino V11 も視野に入れたものすごいスピードでの開発が現在もそしてこれからも行われるというメッセージです。
大きな反響を読んだ node.js の実装と No/Low Code 開発への展開
次に開発に関するオプションです。
これまで、ノーツの式言語や LotusScript でのアプリ開発に加え V10 では、node.js を組み込んだ JavaScript での開発のオプションが加わります。そして以降順次 No/Low Code 開発として、簡単なアプリならコードをガシガシ書かなくてもエンドユーザーでも簡単にドラッグアンドドロップでアプリケーションの作成ができることを目指していこうというもの。
もし、複雑なロジックが必要ならばこれまでの Domino Designer の開発環境でロジックを積み上げていくことも当然できます。

teamWorkr でドミノアプリケーションをモダナイズ! でもあれって。。。

イメージ
4 月に行われたグローバルな Webcast でサードベンダーと思われる teamWorkr という製品がフィーチャーされました。
この teamWorkr は、コンテナとしての teamWorkr にモバイル化するデータベースの情報(データベース、ビュー、フォームなど)を登録し、teamWorkr を通してデータベースにアクセスすることでモバイル用にモダナイズされる仕組みの製品です。基本的には設定だけでいっさいコードに触れること無く1時間もかからずにiPhone/iPad/Android用のモダンなアプリケーションに変身するものです。
次の動画、そのデモを行っている様子が見て取れます。



「…とはいえ、日本にも同じような製品あるんだけど。」と思った次第。
そうです、smaconne です。

https://www.bcom.co.jp/sdc/
コンセプトはほぼ同じ。いや、パクリじゃないのと思うほどです。
詳しくはわかりませんが、smaconne 日本ではかなりのセールスをあげていると思いますが、こういったソリューションをいつも「輸入」するだけでなく、日本に展開する良いソリューションや製品をグローバル展開し「逆輸入」させるぐらい、日本IBMがもっとパートナーに対して英語版で製品を作成に対して提案や支援、海外に向けたプロモーションに協力してあげていたらと思わざるを得ません。技術力の高い日本のビジネスパートナーさんたちも大きなビジネスチャンスを掴めたのではないかと残念でなりません。



IBM Notes/Domino の方向性を示す新しい Web ページ が開設

イメージ
Destination Domino をメインのスローガンとする新しい Web ページが開設されています。
https://www.ibm.com/collaboration/ibm-domino こちらのページでは、最新の情報のニュースレターの購読やこれまでの #domino2025 で行ってきた活動を含め質問への回答などまとめ的な感じで情報を入手できるようになっています。これから Domino V10 がリリースされるまでの間に起こる様々な事柄や情報がアップされるはずです。是非ブックマークなどして定期的にチェックしてみてください。

panagenda の ApplicationInsights の利用がさらに 1 年間延長に

昨年の 4 月から1年間、 IBM Notes/Dominio の S&S 契約をされているユーザーが panagenda 社の Notes 資産のインベントリー調査ができる「ApplicationInsights」を無償で使用できるよう IBM社 と panagenda 社の間でパートナー契約されていましたが、更にこの契約の延長が発表されました。
https://www.ibm.com/blogs/collaboration-solutions/2018/04/09/applicationinsights-every-journey-starts-destination-plan-get/

「ApplicationInsights」はアプライアンスとしてインストールするので、現在のDomino環境に対して何も変更を加えることなく導入ができます。最も利用されているデータベースはもとより、未使用のデータベースなどのデータベースインベントリーを視覚的に捉え、データベースの棚卸しに有効な情報を提供します。また、サーバー情報、ユーザー情報、クライアントセッションからのアクセスやWebセッションからのアクセスの判別、データベースの設計や同様のコードブロックを解析するなど、データベースをモダナイズしたり移行するうえで貴重な情報を提供しています。
ApplicationInsights Explainer for IBM Customers from panagenda on Vimeo.

無償の ApplicationInsights の入手はこちらから
www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg22000687
※無償提供されるのは最も複雑なデータベースと最も利用が多いデータベースがそれぞれ 50 までという制限があるようです。

Domino Apps on iPad、ラスベガスの IBM Think でベールを脱ぐ

イメージ
今週開催されているラスベガスの IBM Think でついに衝撃の「Domino Apps on iPad」のデモが公開されました。トップシークレット扱いだったものだけに、世界中の IBM Domino ユーザーから熱い視線が向けられています。
お披露目となったセッションで公開されたスライドの一枚には次のように書かれています。

So big news out of #Think2018 for @IBMSocialBiz and @hcltech is a prototype of Domino applications running on iPad.#socbiz#domino2025#DominoAppDev#lowcodepic.twitter.com/ZkiGbAgfEW — Alan Lepofsky 🇨🇦 Future of Work (@alanlepo) 2018年3月20日
Domino Apps on iPad - Key Points
We did not transform the application
It is the same classic NSF. Notes Domino code is running on iOS.We did not break or touch the business logic
LotusScript just runs unmodifiedComplex forms and logic workCome to DominoTopSecret sessions to see more or try the iPad yourselfCustomer do not need to spend $10,000 to $Millions re-writing each application on a new platform
The 100-1000s apps in your company will just run on the iPads



NSFに何も手を加えず、iOS 上でアプリケーションが動作するとして、LotusScript さえ何も手を加えず、複雑なフォームもロジックさえも動作するという画期的なものに。


複製(レプリカ)も iOS 上で使用できます。現在の段階では、データの暗号化までは完…

Domino v10 リリースに向けて始動開始

イメージ
本日日本時間の午前1時に行われたグローバルワイドな Webcast 「Let's Get Real: What's in Domino v10」では、今年予定されている Domino およぼ Notes v10 に実装される機能の概要とちょっとしたデモ、また Sametime のこれからの方向性などが紹介されました。


ちなみに参加者は、世界中から 1900 名以上あったとも報告されています。
Thanks to all for joining our „Let's Get Real: What's in Domino v10“ Web cast today. We had over 1900+ participants. Thanks for all your feedback and input! #Domino2025 — Klaus Roder (@KlausRoder) 2018年2月28日


加えて、同日の午後に開かられたノーツコンソーシアムの「IBM Notes/Domino V10 意見交換ラウンドテーブル」も行われ、このWebcastを見られなかった人や見た上でフィードバックをしたいと思う有志の方々が一同に介し、Global Executive の Mat Newman 氏と意見交換を行いました。


さて、肝心の内容になりますが、 これまでコミュニティから長年にわたって製品へのフィードバックを受けてきたIBM陣営ですが、古くは IdeaJam、昨年の年末から1月に渡って行われてきた DominoJam ではそのチェックポイントとしての位置付けで広く顧客や BP などコミュニティからの意見を集約し、その中からまず今年の v10 リリースで実装できそうなものいち早く知らせようというものになっています。


スライドにあるように、Notes データベースへの拡張という点では、
自動データベース修復機能64GBのサイズ制限を256GBにまで拡張全文索引の自動更新Domino on Docker のイメージの提供 などが挙がっていました。

これまで、ノーツといえばメール。そんな一辺倒なイメージしかなかったことの反省として、アプリケーション開発プラットフォームとしての価値へもシフトしていくとのことです。

そのアプリケーション開発では、…