投稿

panagenda MarvelClient Essentials が Domino 10 に標準バンドル、v9 ユーザーにも無料で

イメージ
Notes クライアント管理ツールとして有名な panagenda 社の MarvelClient の基本機能を網羅した「MarvelClient Essentials」が10月3日に公開され、無料でダンロード、使用することができるようになりました。


サイトの情報( https://panagenda.com/essentials/) によると、MarvelClient Essentials は近日リリースされる Notes 10 クライアントに標準インストールの中に組み込まれて提供されます。Notes 9.x をご使用のお客様には別途モジュールをダウンロードし無料で使用できます。

MarvelClient Essntials の入手は
https://www.panagenda.com/essentials/
から「Download for Free」ボタンで氏名とEmailアドレスを入力。

MarvelClient Essentials は各クライアントの IBM Notes のワークスペース、クライアントの設定情報、OSの最新の詳細データを収集分析し可視化します。各Notesクライアント種類(スタンダード、Basic、ICAA)やバージョンやFPレベル、notes.ini の設定、ワークスペース上のDBアイコンなどの把握ができ、まだ v9.x のお客様はクライアントアップグレードやクラウドへの移行の準備として有益な情報を入手できます。

Notesクライアントのアップグレードはもとより、最近2020年問題としてWindows7の延長サポートが終了することからWindows10へのアップグレードまたはPCの入れ替えが急務となっています。どのOSでどのバージョンのNotesクライアントが稼働しているかなどのランドスケープを得るのにもってこいのソリューションです。

最後に、XPages開発で卓越した技術をもち、Aveedo などの海外製品を扱っているケートリック社が10月に panagenda社と日本市場におけるパートナー契約を締結しました。



NOMAD用アプリ開発への挑戦にもってこいのサンプルが公開

イメージ
Domino 10 の発表と同時に目玉のひとつとなったのが HCL NOMAD。
発表当初は Domino Apps on iPad とも言われていましたが、途中で名前が変更したようです。NOMAD では、iPad、ゆくゆくは iPhone、Andriod 上で動く Notes クライアントみたいなもので、これまでのレガシー Notes アプリが「そのままなんの変更もなく」動きます、というのが非常に多くのユーザーから歓迎されており、リリースを待ちわびている方も多いと思います。

デモの映像からも、ほんとにそのまま Notes クライアント上で動くのと同じ画面が出るわけですが、せっかくモバイルでアプリを利用するのですから、そこはやっぱりモバイル用に少しはカスタイズして、ノーツのレガシー臭さを取っ払ってやったほうがいいに決まっています。作り直すといっても、これまで使ってきたテクニックを使えばいいだけですので簡単だと思います。

じゃ、一体どうやって作ればいいの?サンプルは?

と思われている方に朗報です。
OpenNTF にワインのテイスティングを題材にしたサンプルアプリが公開されています。ノーツアプリをこんなふうにして作れば、NOMAD でもユーザーに Notes だとバレずに(?) 使っていただくことができるのではないでしょうか?



設計を覗いてみると、ページやフレームセットの他にフォームにビューを埋め込んだり、イメージを表示したりなどなど、なるほどね、合点!というたくさんのNOMAD化エッセンスがふんだん詰め込まれています。

最後に、10 月 10 日の開催の IBM Notes/Domino Day 2018 Autumn
【B-2】開発者が語る 最新Dominoアプリケーション事例
セッションで 他の IBM Champions 達にまざってセッション内の一コマをいただくことになりました。Domino アプリのモダナイズというテーマで私も講師をさせていただきますのでご興味のある方は是非会場にお越しください。




まったく新しい Domino のユーザーフロントエンド - HCL Place

イメージ
コミュニティーイベント Engage 2018 で初めてデモが行われ、今回 ICONUK でも HCL Place の紹介が行われたようです。

HCL Place とは、Domino で利用できるまったく新しいコラボレーション・クライアントと言うことができます。従来のノーツクライントとは違い、ユーザー間のコラボレーションをスムーズに行うことができる斬新かつ革新的なクライアントで Windows/Mac ともにサポートされるようです。

Red Pill Now のブログに、その概要が説明されています。Red Pill Now は、Notes/Dominoの技術者集団でありながら、オピニオンリーダーとしても Notes/Domino のロードマップに独自の方向性をもつスーパーヒーロー達です。このブログを読む限り、HCL と何らかの深い関わりをもちながらこの Place を開発しているようです。

Place とは何か?Domino 10 でも動作する新しいクライアントで、決して Domino 12 とか新しいバージョンのクライアントではないと説明しています。

機能としては、
「Global (Domain) Search」グローバル検索 ElasticSearch を使って Domino 上のすべての情報に対して検索できるようになる予定です。

「Awesome Bar」(日本語ではちょっと適当な訳がみあたりません) バー入力エリアには、先ほどの検索に加え、音声による入力や言語翻訳などの機能が搭載される予定です。デモのビデオでは英語のわからない中国人に英語でコミュニケーションを取ると、先の中国人は自動翻訳された中国語を読み、中国語で返答すると英語に自動翻訳されてという内容のデモになっています。

「Real-time Collaborative Editing」(リアルタイム編集)  Domino 上の情報(ノーツ文書?)を二人の人が共同でリアルタイムに編集しながら完成させていくデモになっています。

「Contexual Chat」 あるコンテンツに対して、右側のフレームでチャットをやり取りしながらそのコンテンツに対してチャットとその履歴が取れるようになっています。

「Graph Databases」 最近FacebookやMicrosoftでAPIが公開されている話題のG…

2019年の IBM Champion のノミネーションが始まっています

イメージ
今年も IBM Champion のノミネーションの季節がやってきました!

IBM Champion プログラムは IBM 社員以外の IBM のテクノロジー、コミュニティ活動内でその専門性を発揮し貢献している方々に与えられる賞で、技術者、ビジネスリーサー、開発者、エクゼクティブ問わず様々な分野で影響力を及ぼすリーダーとして認められた方に授与されます。

ノミネーションは自薦他薦を問いません。

一度 Champion になれたからといって「あ〜良かった良かった」というものではなく、Champion なら Champion らしくちゃんとやってねというのがここ数年の流れで、どういう活動をしたかなど細かく報告したり、日本時間の夜中にあるWeb会議(英語)に参加しなさいとかいろいろ面倒なことがありますが、我こそはと思う方はぜひノミネートしてみてください。
ノミネートはこちらからです↓
https://developer.ibm.com/champions/nominate/

ノミネートの期限は10月22日までとなっています。
Good luck!


IBM Connections 用プラグイン「Kudos Boards」が日本語対応に

イメージ
オーストラリアの IT ベンダー ISW から IBM Connections 用のプラグイン「Kudos Boards」のオンプレミス版 v3.2.1での日本語対応がブログで発表されていましたので取り上げてみました。

https://kudosapps.com/blog/2018/8/23/boards-on-premise-v321-multi-card-create-japanese-language


Kudos Boards は IBM Connections 上でより効率的なコラボレーションを実現するための付箋のようなボード(説明文ではKan-Banのようなという説明があるので、おそらく日本の看板を意味しているものと思われます)を用い、チームやプロジェクトでの活動をビジュアルに表示します。タスクやリスト項目、ファイルの添付などドラッグアンドドロップの簡単な操作で作成でき、加えてコミュニティ、ファイル、アクティビティストリームなどとシームレスに連携します。





Kudos Boards はクラウドでもオンプレミスの Connections でも利用が可能です。
さらには Watson Workspace でも利用できるようです。

最近はあまり IBM Connections の話題が日本ではあまり聞こえてきませんが、海外では強い人気があり、企業内でのコラボレーション活性化に一役買っているこういうツールも活況だと聞いています。IBM Mail Dual Entitlement のサブスクリプションで IBM Connections を使いこなせていないと感じている企業もこういったツールに目をむけてみてはどうでしょうか?





日本での Domino 10 リリースイベント 10月10日と発表

イメージ
全世界同時イベントにほぼ等しい形で、IBM Domino 10 リリースの発表イベントがここ日本でも開催される模様です。
 Destination Domino のサイトでは、すでにカウントダウンが始まっていますが、先週それぞれの主要な国でのローンチイベントの日程と場所が発表されました。
https://www.ibm.com/blogs/collaboration-solutions/2018/08/22/find-us-world-premiere-domino-v10/
まだ、参加申し込みは「Coming soon」となっていますが、場所は「日本橋三井ホール」と記載されています。


申し込みの開始が待ち遠しい限りです。

IBM Domino Applications on Cloud が新しいオファリングを提供開始

イメージ
最初にお断りしておきますが、現時点ではまだ日本IBMからのアナウンスはありません。おそらくデータセンターの調整か価格調整か何かの遅れだと思われますが、欧米ではすでに IBM Domino Applications on Clod (通称 DAC) の新しいオファリングが提供開始されています。IBM Marketplace から購入が可能です。
(参照元: https://www.ibm.com/us-en/marketplace/domino-applications-on-cloud/purchase )

今回のオファリングは 4 つのモデルに分けられ、30 日間の無料トライアルを初めてとして、エントリー版、スタンダード版、BYOL 版が用意されています。

エントリー版では、月々 1 データベースにつき $22(約2500円相当)で最小単位 4DB (NTFやシステムデータベースはカウントされず)から 50 DB まで。最大の 50 DB を利用しても月々 12万5千円で利用できる計算です。仮に 500 ユーザーが使用すると仮定すれば 1 ユーザーあたり月々 250 円となります。
(※上記の計算は正確なものではなく目論見として。クライアントはICAAからのアクセスは含まれていますが、それ以外は別途CALが必要です)

これまでの Notes/Domino ユーザーがクラウドに移行というだけでなく、IBM ビジネスパートナーや開発ベンダーが Notes/Domino アプリを SaaS モデルとして業務アプリを提供するのに十分な可能性を秘めたオファリングになっていることに注目したいです。