2009/12/05

The Taking Notes Podcast

今日は週末で仕事モードではありませんので、私が通勤途中などで聞いていたりする ポッドキャストのひとつ「The Taking Notes Podcast」の話をします。
このポッドキャストは IdeaJam や IQJam でおなじみの Elguji Software の Bruce Elgort と nsf tools の Julian Robichaux の二人が IBMer やビジネスパートナーなど多彩なゲストを招いて Lotus の製品、技術、サービスなど様々なトピックに関してインタビュー形式で進行します。二人ともかなり突っ込んだ話や鋭い質問を展開しており、非常にテンポよく進んでいきますので全く飽きがきません。
今年の中盤あたりから少々停滞ぎみだったのですが、最近エピソード数で 100 に到達しました。本当にすごいことだと思います。初回は 2005 年の 11 月、Bruce が Julian にインタビューしたのが始まりで以降 2 人がインタビュアーとなりで今日まで至っています。
slideshare で Bruce が Lotus Technical Information and Education Community - Podcasting and Lotus Information というタイトルでスライドを公開しています。このスライドはこのポッドキャストの始まりのきっかけや録音からミキシング、データのアップロードなどの裏話的なことも紹介されています。ネイティブの英語なので何を話しているかわからないとおっしゃる方もいると思いますが、英会話のヒアリング練習のつもりで軽く聞き流す程度でもいいかもしれません。

ちなみに現在最新の episode は 102 回目で Teamstudio の Craig Schumann、Micheal Wetherbee、Karen Frasca が参加し Teamstudio Spotlight Awards に関するインタビューを受けています。このアワードは今回 3 回目で Lotusphere 2010 に向けて Teamstudio が独自に行っている賞です。インタビューの中で Craig Schumann が質問に答える形でこの趣旨について次のようなことを話しています。「Notes/Dominoの開発者がどんなに素晴らしく革新的な技術を使ってビジネスアプリケーションを作り上げたとしても特に誰から賞賛される訳でもなく表彰されることもありませんが、実際そういったアプリケーションは数多くあります。Teamstudio ではそういったアプリケーションを公募して審査しアワードとしてその労をねぎらう趣旨でこのアワードを考えました。」
ちなみに Bruce と Julian もこの賞の審査員として参加しています。
表彰については、Lotusphere 2010 の期間中の 1 月 19 日午後 6 時から 9 時まで、Dolphin Hotelの Fresh Mediterranean Market Restaurant で行われます。フリードリンク、フリーフードでどなたでもきていただいて構いません。日本から行かれる方がいらっしゃれば是非覗いてみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿