slack

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2009/12/24

XPages Tutorial Part 12: サイドバー Widget の準備

Preparing Our First Sidebar Widget {Original Source}

XPages 電話帳アプリケーションの Look & Feel が完了していますので次は XPage 上に実際のデータを表示させる方法を見ていきます。
XPage 上にデータを表示させることは簡単なので他の XPage とリンクさせる前にこれをやってみましょう。ではスクリーンの左にあるサイドバーに最初のコンポーネントを追加していきます。

Domino Designer で新規のカスタムコントロールをまず作成してください。
直接「layout_LeftSidebar」コントロールにコーディングすることもできますが、新しいカスタムコントロールをまず作ります。なぜならサイドバーに表示されるときに使われるこのカスタムコントロールを小さな部品として作成しておけば、他のアプリケーションでも使えるものとしてよりコントロールの効いたものになるからです。
では「sb_LocationsList」という名前のカスタムコントロールを作成します。この名前からもサイドバーに組み込まれるものだということが容易に推測できます。

ここで設計タブに直接「Location List Control」と書き込み保存してます。
次に「layout_LeftSideBar」カスタムコントロールを開き、テキストで書いてある「Left Sidebar Content Here」の部分を今作成した新しいカスタムコントロールを貼り付け置き換えます。
ソースタブを開くと次のようにコーディングされているのを確認してください。

では、保存してプリビューしてみましょう。
sb_LocationList で定義した文字列が表示されたと思います。


次回は実際の Location のデータを使ってここの文字列を置き換える方法を見ていきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿