slack

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2010/01/20

Notes 8.5.2

Notes 9 の話も待ち遠しいですが、現行のメンテナンスリリースとしての 8.5.2 の概要が徐々に Lotusphere 2010 で明らかになっているようです。

時期メンテナンスリリースの 8.5.2 については「Notes 8.5.2 First Showing @ Lotusphere」{Original Source}で紹介されています。多少内容が意訳になり本来のものと異なるかもしれませんが、抜粋して訳します。

  1. XPages を編集する際ソースコードビューにコントロールをドラッグ/ドロップできるようになる
  2. Xpages が他の設計同様に一般アクセス(Public Access)ユーザーからアクセスできるようになる
  3. データソースからフィールドをドラッグして XPage に貼付けるとき、そのフィールドはテキストボックスのみでしたが、フォーム上のデータタイプ(日付やリッチテキストなど)に応じたタイプになります。
  4. データソースからフィールドをドラッグして XPage に貼付けるとき、フィールドがインポートされる前に順番を変更することができます。
  5. XPage のコントロールとしてラジオとチェックボックスのグループはネイティヴとして表示されることになりました。いままではコンボボックスしかなく、ラジオ/チェックボックグループのコントロールにする場合には初めにコンボボックスを貼付けてマニュアルで変更しなければなりませんでした。
  6. データベース(a database)を署名するのにデザイナーから右クリックのアクションで行うことができるようになります。
  7. ほとんどのコントロールで dojo のタブが追加され、デザイナーの UI から dojo のプロパティをセットできます。
  8. CKEditor がリッチテキストエディタのデフォルトになります。
  9. データソースのスクリプトは Eclipse のエディタを呼び出します。@Formula のエディタに関してはまだできません。
  10. 「新規アプリケーション」ダイアログは再デザインされ、ワーキングセットをアサインすることもできるようになります。
  11. XPage のコンポーネントを「ライブラリ」に追加することができ、他のアプリケーションで共有することができます。
  12. 一連の「RESTful API」が利用可能になり、開発者があらゆる面で XPage アプリケーションを拡張することができるようになります。たとえば、オリジナルの新しいコントロール、データドライバー、バリデーションを作成するなど。
上記の中には、私も実感して改善してほしいと思ったことがあったのでうれしい限りです。
原文で YES とか Yes, yes, yes で書かれている内容は本当にありがたい機能だと思いませんか?

こうして訳してきましたが、私自身が実際に聞いた話を書いているわけではありませんので、今の段階では予定という感じで眺めていただければ良いかと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿