slack

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2010/05/20

Teamstudio Edition 25J リリース前のプリビュー

待望の日本語版メジャーリリースとして、Edition 25.2J が間もなくリリースされる予定です。
現在のところ製品、マニュアル、リリースノートなどなど正式リリースに向けて着々と準備を進めているところなので、およそあと2週間から3週間後のうちにリリースされると思います。楽しみにしてください。
また、ここでご紹介する内容は製品のインターナル・ビルドの内容です。最終リリースされる製品及びサービス内容と異なる場合があるかもしれませんので、その点だけご承知おきください。

今回の投稿から、Edition 25 でどのような機能追加や変更が行われたかをご紹介していきます。また導入や使用時における注意点も紹介していこうと思います。

まず、Edition 25 では DDE (Domino Designer on Eclipse) に対応させるため、製品のコードをスクラッチからリエンジニアリングし C 言語から Java 言語への変更しました。将来、この Eclipse ベースのクライント上でよりシームレスなツールの統合を図るためです。また、Java であれば Sametime など他ののコンポーネントにもアクセスできるので、将来面白いソリューションを提供できる可能性が出てきました。
その反面、DDE の制約が原因で従来あった機能が使用できなくなったしまった機能もありますので、皆さんにはご注意頂きたいと思います。また、このリエンジニアリングの過程で不要と思われる機能も削除させていただいたものもあります。

まずはインストール方法が、お使いいただいている Notes のクライントのバージョンによって異なります。

Domino Designer 8.5.1 へのインストール
マイウィジェットを使われたことがある方はお分かりでしょうが、このりりースへのインストールはウィジェットを使用します。弊社のダウンロードサイトには、皆さんのマイウィジェットにドラッグアンドドロップしていただける XML が用意されています。
もちろんこのインストールでは、インストール時にインターネットのアクセスが必須になります。
実際のダウンロードサイトやマイウィジェットのイメージは今年1月に投稿した英語版リリースの時のものと同じですので参考にしてください。
Teamstudio Edition 25 (英語版) のリリースとインストール方法


8.0.x 以前のクライアントへのインストール
これまでと同じインストールデータベースが提供されます。インストール方法もこれまでと同じです。

その他の重要な変更点
以下の 2 点もご留意ください。
  • R5 の正式サポートがなくなりました
  • 8.5 (8.5.0) はサポートしません
R5 のサポートは現在 IBM 自体のサポートもありませんし、問題が発生した際に再現をするための環境構築が難しいので今回の Edition 25 から R5 より以前のノーツバージョンはサポート対象外となります。
DDE 対応の Teamstudio のツールのリリースが遅れた原因でもありますが、8.5 の一番最初のノーツバージョンは API に問題があり頻繁にクラッシュする問題を取り除くことができないことや必要な API が用意されていないなどが大きな理由です。したがって、このバージョンはサポートの対象から外させていただきます。8.5.0 をお使いいただいているお客様はごくごく稀だと思いますが、何の理由もなくお使いであれば、現在の時点では 8.5.1 へクライアントをアップグレードされることを強くお勧めします。

次回は、それぞれのツールの変更点をご紹介したいと思います。

Edition 25J での各ツールの変更点
Teamstudio Edition 25J 8.5.1 クライアント上でのツールの起動方法

0 件のコメント:

コメントを投稿