2010/06/28

Single Copy XPage Design について

Lotus Notes and Domino Application Development wiki に Single Copy XPage Design についてのポストがありましたので、抜粋してご紹介します。{Original Source}

いつものように、また、オリジナルページにも記載されていますが、この機能について 8.5.2 の最終リリース版に組み込まれているかどうか、また内容もそのままかどうかについては保証できませんのでご了承ください。


まずは、Single Copy XPage Designとは何か? その概要からご紹介します。

Single Copy XPage Design は8.5.2の新機能で、XPage のリソースを共有して使用することが可能です。XPages、カスタムコントロール、スタイルシート、JavaScirptライブラリ、テーマなどをあるひとつのデータベース(以降「SCXD データベース」)に格納しておき、他のデータベースからこの SCXD データベースを参照指定して再利用することができるようになります。

指定には、アプリケーションプロパティのXPagesタブにあるパフォーマンスセクションにから指定します。(オリジナルページのスクリーンショットで確認してください)

実行時、このプロパティに指定がある場合にはその指定された SCXDデータベースの設計要素が実際に読み込まれ使用されます。これで UI とデータをデータベース間で分離させるといったこともできそうです。


また、この機能の制約事項として

  • SCXD データベースとアプリケーションで同名のデフォルトのXPage が必要
  • SCXD データベースは NSF でなければならない。NTF はダメ。
  • ビュー、フォーム、エージェントといった「クラシック」な設計要素で、 SCXDとアプリで共通する設計要素が必要。XPages設計要素だけが共有して使用できることになります。
  • XPages 設計要素は今現在はインスタンス単位で上書きすることができません。
  • SCXD をセットしたらドミノサーバーの HTTP タスクを再起動する必要がある。

SCXD の指定後 HTTP タスクを再起動とありますが、ここのオプションはアプリケーション単位での指定(アプリケーションプロパティ)なので、本当にそうなのかはちょっと疑問です。

いづれにせよ、再利用の仕組みを利用することでより一貫性のある、また同時にメンテナンス性も向上するので是非利用したい機能のひとつになることは間違いありません。



0 件のコメント:

コメントを投稿