もうすぐリリースされる Edition27J で NDACC をご使用される方に

来週のいづれかには、Teamstudio Edition 27J がリリースされる予定です。
今回は、ご提供のテンプレートのデザインが一新されたこともあり、情報を非常に見やすくする工夫がされています。

Analyzer においても、分析結果のテンプレート、フィルタデータベースのテンプレート、レポートデータベースのテンプレートなどが変更されます。

そのため、Edition 27J で NDACC (いわゆるコードチェッカー)をご使用される場合にあらかじめご注意いただきたい点があります。理屈は非常に単純ですので、すぐおわかりいただけると思います。

NDACC を使用するには、事前の作業として、NDACC データベースにあるフォルダ (FolderTemplate) を Analyzer の分析結果テンプレートへコピーしておくことになっています。
解析の処理が終了すると、このフォルダ設計をもとに、非互換の情報を見るためのフォルダが自動的に作成されるという仕組みになっています。

ところが、新しい Analyzer の分析結果テンプレートは、Edition 27J からアウトラインとフレームセットを使用していることから、このフォルダを表示しませんので、分析結果テンプレートのプロパティで指定の「Main Frameset」フレームセットを使用しない設定をしてください。

これがオリジナルの分析結果。NDACCで解析した内容は出ていません。
下が、フレームセットの指定を外した分析結果です。このようにすることで非互換情報にアクセスするフォルダが表示されます。


NDACC では、ひとつのデータベース設計に対してひとつづつ分析結果データベースが出来上がりますので、くれぐれも解析し終わってから、そのデータベースに対して、フレームの指定を外すというこは避けたいです。
そのため、必ず作業開始前に Analyzer テンプレートのプロパティを設定し直してください。


最後に誤解のないように申し上げますが、Teamstudio ではこの NDACC に関しては一切のサポートも関知もしておりません。
今回は、ちょっとした個人的なお節介ということでポストさせていただきました。
その点はご了承ください。

コメント

このブログの人気の投稿

【重大ニュース】IBM が Notes/Domino 10 をコミット、来年リリースへ

IBM Notes 9.0.1 FP4 適用時の不思議な出来事

IBM Domino Applications on Cloud 10月よりサービス提供開始