2010/12/14

XPages Extension Library で OneUI Part3

Part1 ではアプリケーションのフレームワークレイアウトを XPages Extension Library を使用して作成し、バナー、フッター、タイトルバー、プレースバー、そしてリーガルセクションに設定を行いました。
そして、Part2 でアプリケーションのレイアウトで変動するコンテンツ部分をメインコンテンツ部分の両側を挟むような形で 3 列のセクションのうち、一番左側の列にナビゲーターを配置するため、ナビゲーターのカスタムコントロールを作成しました。
今回、最後の仕上げとして、XPage に Part1、Part2 で作成したレイアウトを実装するところを見ていきます。





以上で、完成です。
今回は見られなかったその他の設定もありますが、基本的な部分は押さえてあります。

詳細に関しては、この Extension Library といっしょに提供されているサンプルデータベースのソースを確認すると、より理解が深まると思います。


最後に、今回利用した個人的な意見として、OneUI を IBM Lotus User Interface Developer Documentation を見ながら、lotusXxxxxx といったスタイルの呪文のようなものを覚えなくても、簡単な設定だけでレイアウトの設定ができることは XPages Extensibility API の可能性を十分引き出せたものだと評価できます。
こういったものが数多く流通してくれれば、利用者としては、より生産性の高い開発ができるものだと思います。このライブラリーもまだ発展途上の感がありますので、実際の開発プロジェクトで使用する場合は、今後の動向も含めて、注視したほうがよさそうです。
一方、ライブラリやコントロールを提供する側として見た場合、Notes 開発者にとっては、かなり敷居が高いものに間違いありません。そこで、この分野に参入できるスキルをもった、特に Java 言語に精通した技術者やベンダーの活躍を期待したいものです。



0 件のコメント:

コメントを投稿