slack

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2012/01/31

XPagesへの移行

Lotusphere 2012 のセッションでは盛況すぎてセッションルームに入れなかったセッションもあります。Stephan Wissel (@notessensei)氏と Hunter Medney (@hmedney)氏のセッションもそのうちの一つ。最近、プレゼン資料が Slideshare で公開されましたのでご紹介します。
View more presentations from Stephan Wissel
このセッションでは、既存のノーツアプリケーションを XPages アプリケーションへ移行する際の考え方、役立つに立つ Tips が満載です。
コンバージョンガイドとしてのアプローチは、
Planning
Preparation
Minimum Working App
Version 1.0
Version 2.0+

Planning ではいくつかの Key Decisions となる項目を検討する必要があるとしています。
どのアプリをコンバートすべきか?標準テンプレートや管理者、開発者しか使わない管理系のアプリは必要ありません。Conversion Sweat Spot では Visibility とアプリの大きさ複雑さからどのアプリから着手すべきかを提案しています。次には、XPages 化するにあたって、"Notes-like" か 今どきのモダンな"Web-like" か、クライアントアプリとまったく同じようにするというのも XPages 化する意味がありません。同じ文書をノーツ、XPages両方から更新する共存型(ハイブリッドアプローチ)では、フィールドレベルでの互換性や充分なテストが必要としています。LotusScript の再利用、書き換えでは特に XPage のフロントエンドでは CSJS や SSJS への書き換えが必要になってきます。そしてユーザーインターフェースには、IBM OneUI を使うことを勧めています(すくなくとも 5 つの妥当な理由がない限り、Web デザインに精通していない限り)。コード分析ではアプリのフォームやビューに使用されている @関数、LotusScript のコード分析が必要としています。

Preparation では、LotusScript の再利用を考え、Option Declare を使ったり、リコンパイルをしておく、重複設計を排除するなど常日頃からの設計再利用の手法を説明しています。

Build in 3 releases として、残りの 3 つのアプローチでは、フォーム、ビューの機能実装の Minimum Working App、バックエンド処理にフォーカスした Version 1.0、フロントエンド、バックエンド処理の最適化とパフォーマンスに対する Version 2.0+ をそれぞれフィードバックを参考にしながら開発という流れになっています。

Best Practice の紹介では、SSJS、LotusScript、Java、それぞれに適した箇所の説明から始まり、XPage の中でフォントサイズ、色、スタイルを指定するのではなく CSS を使ったスタイリング、OneUI の使用などを推奨しています。また、文書検索機能についての違いにも触れています。

0 件のコメント:

コメントを投稿