slack

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2012/08/27

Lotusphere がなくなる?

長年 Lotusphere として開催されてきた米国オーランドでのカンファレンスが、来年 1 月開催より IBM Connect 2013 として名前が変更されるというニュースが先週末発表されました。
そして、レジストレーションが始まっています。

http://www-01.ibm.com/software/lotus/events/conference/


少なからず、コミュニティの間でもこれを意味するものは何か、これまで Lotusphere で行われてきたものがなくなりはしないか、賛同、批判のさまざまな意見が出ています。
しかし、昨今の IBM の製品戦略からみればおおむね好意的にみられているようです。

昨年私もこのカンファレンスに参加しましたが、 昨年は IBM Connect のカンファレンスと併催されました。私も IBM Connect のイベントは基調講演のみ参加しましたが、IBM Connect はどちらかといえば Social を企業システムにどのように取り込んでいくかといった IBM 戦略とマーケティング、ユーザー事例、もっと平たく言えば「啓蒙」に近いイベントだったと記憶しています。

来年は Lotusphere は IBM Connect の一部であるという見方から、これまでのような Notes/Domino 周辺の技術的なセッションの数が少なくなるのではという懸念もあり、これから発表される具体的なセッションスケジュールやアジェンダに注目が集まっています。

Notes/Domino のユーザーやビジネスパートナー、特に私のような技術者にとっては、 IBM Connect の一部になり、「技術カンファレンス」でなくなることで、高い費用を強いられるこのイベント、特に上司の承認を得なければ行けないとすれば、来年の参加が非常に難しくなると心配する声も聞こえてきます。

海外では、各国、各地で LUG (Lotus User Group) が盛んで、このような技術的なギャップを埋めることができるイベントが別途あり、そこで技術情報を収集するという代替手段もありますが、日本ではもうそのようなイベントがないので、ますます技術的なギャップが深まり不安でなりません。 

今回の発表、単なる名前の変更ととらえるか? それとも黄色いブランドを消滅させの青色への移行を狙う序章なのか? 少なくとも来年はソフトランディングとなることは予想されますが、その先はわかりません。数年後先に答えがわかることでしょうが、みなさんはどうお考えですか? 


0 件のコメント:

コメントを投稿