slack

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2013/03/26

OpenNTF を利用すべき 5 つの理由


今日のトピックは OpenNTF です。このブログでも、Lotus 技術周りのオープンソースとして OpenNTF を何度か取り上げてきました。今日に至っては特に目新しい話ではないかもしれませんが、この OpenNTF の利用度合いが、どうも欧米の技術者と日本の技術者での温度差というかギャップがまだあるような気がするので「OpenNTF を利用すべき 5 つの理由」というお題でもっと OpenNTF を知りましょう、そして使ってみましょうという内容にしました。

OpenNTF の利用実態

まずは、感覚的なお話ではちょっとと思ったので、グローバルワイドでの OpenNTF の利用実態を知るために、ちょうど OpenNTF が先日おこなったサーベイの結果がありますからそこから見ていきましょう。特に注目は次の 2点でしょうか。

「いくつの OpenNTF プロジェクトをこれまで利用してきたか?」
の質問にはひとつから 5 個までが 60% ともっとも多く、たくさんあるプロジェクトから自分自身のプロジェクトに必要なものだけをピックアップしている感があります。

次の質問。「オープンソースからどれだけの時間が節約できたか?」
では 1ヶ月以上が 43.5% とトップ。これだけ時間が節約できるのであれば利用しない手はないなと思うのは当然のことではないでしょうか?




では日本の技術者は何故利用しないのか?

日本の技術者があまり OpenNTF を利用しない理由、それは以下の 4 つに集約できるのではないでしょうか。

1. OpenNTF 自体知らない
2. 英語だから
3. 実際の開発に使えるかどうか疑問
4. オープンソースで保証がないから

OpenNTF を利用していないみなさんはどれにあたりますか?

あるセミナーで講師をしたとき、 OpenNTF をご存知かどうか尋ねることがありました。極端な場合では、参加者の 10% 以下の方しか知らないというときもありました。まだ圧倒的に知名度がないんでしょうか。。。

知ってはいるものの英語という理由だけで敬遠されている方。今時 英語なしで IT の仕事はできませんよいっても過言ではないくらいです。これは世間のみなさんが言い始めて少なくとも 10 年ぐらいは経っているんではないでしょうか。なのでこの英語だからという問題、私は無視します。

日本全国のロータス技術者の中で OpenNTF がどの程度認知されているのか、知りたいと思いますが(非常に興味深いものになりそうですが)そういうことを調べる、調べようとする団体もないので永遠にわからない気がします。。。

残りの問題も核心へと進む中で触れていきたいと思います。

OpenNTF を利用すべき 5 つの理由

1. プロジェクトの成果物を自身のプロジェクトに役立てる
サーベイにもあるように、オープンソースを利用することでどれぐらい時間が節約できたかをみれば、だれでも一度はオープンソースを試してみようかなと思うはずです。時間を節約するために使ってみようとか、テクニックを学んでみようというのは、ユーザーがオープンソースに期待するベースとなる理由でしょう。

2. IBM との共同実験の場からオフィシャルな製品への展開
私は、Notes/Domino 8.5 以降から OpenNTF の位置づけが 飛躍的に変化しているのを強く感じるようになりました。OpenNTF では、IBM と IBM 外のコミュニティの垣根がなくなり(IBM の方が OpenNTF のボードメンバーだったり)、IBM が「先進的」に、しかも確実に近い将来、現実のものとして取り入れたい技術をこの OpenNTF の協力(言葉は悪いですが、利用して)のもと、製品となる前段階からその技術を公開し、コミュニティの中で実験しフィードバックを得る場に移行しつつあります。
端的な例として思い浮かぶのは XPages Extension Library です。みなさんもよくご存じだと思います。

裏を返せば、この OpenNTF で日々フォローすることでいち早く IBM が目指す技術に触れる機会が増えることになります。必要とあればフィードバックすることも自由です。
私たちにとって将来どういう技術がどのように実装されていくのかを事前に知ることができるいうメリットを享受できるのです。

もうひとつ、OpenNTF のポジションが変わったという点では、Domino Designer 9 Social Edition のホームで「コミュニティのリソース」としてOpenNTF が載ったことでしょう。本当の意味は私は知るすべもありませんが、これまでの Domino Designer にはなかったことで、いかに OpenNTF の存在が開発コミュニティの中で大きくなったか、そしてより重要な情報を提供するようになったかの表れだと思っています。


3. 保証がないこととクレームやフィードバックを無視することとは違う
「オープンソースだから保証がない」ということで毛嫌いされている方。その考え方はこれまで見てきた限りではあまり当を得た考え方ではないような気がします。また一般的に見てもオープンソースは当てにならないというのは過去の話になっているのではないでしょうか。

実際 OpenNTF では、プロジェクトの責任者を中心に、ディスカッションへの質問の投げかけにも非常に丁寧に対応しているのがほとんどです。一度興味のあるプロジェクトのディスカッションのスレッドを覗いてみてはどうでしょうか。

4. すべてはコミュニティのため。ありがたく使わせていただきましょう
OpenNTF のプロジェクトを見るとホントに凄いツールがいっぱいあります。完成まではフィードバックをもらいながら成熟したところで製品化して売ろうというのもなかにはなきにしもあらずですが、それでもいいものがたくさんタダで手に入ります。俺たちはこんなところで勝負してるんじゃないよというか余裕さえ窺えます。

日本ならきっと有償にして売ろうとかそのノウハウを社外へ出すのはもったいないと思うに違いないでしょう。

それもこれもコミュニティのため。同じことで悩む同胞がいるなら喜んで提供しますよというのがよくわかります。その心意気を感じながらありがたく使わせていただきましょう。(そしていつかは恩返ししましょう)

5. プロジェクトだけじゃない
OpenNTF では再利用可能なツールの提供だけではなく、XSnippets という XPages コードサンプル集、XPages.info という XPages 総合情報サイトの運営、StackOverflow という Q&A への対応、Collaboration Today というキュレーションタイプの情報サイトの運営、開発コンテストの実施など様々なコミュニティ活性化の試みがされています。
情報収集の目的だけでも OpenNTF をフォローする価値があります。

日本人による OpenNTF のプロジェクト

では最後に、もっとみなさんが OpenNTF をより近くに感じていただける注目のプロジェクトがあります。

XPages Extension Library Japan」プロジェクトは以前ブログでも紹介したと思いますが。
現在は3回目のリリース beta3 のリリースを先週行ったばかりですで、ますます活動が活発になってきています。

ディスカッションへ質問を日本語で投げかけていただけます。リリースの Readme も日本語で、その他参考 URL も日本語のサイトで情報が確認できるようにしています。

本家の「XPages Extension Library」プロジェクトは各リリース、 3 桁を簡単に超えるダウンロード数があります。開発者から注目されているプロジェクトであることが窺えますが、一方 XPages Extension LIbrary Japan は残念ながらまだ 2 桁のダウンロードしか到達していません。

このままでは、プロジェクトの継続する意味も問われ始めることが予想されます。
ここで作成したサンプルデータベースは 公開されている無料の Domino Designer 9 SE でも使用できます。是非両方ダウンロードして使ってみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿