slack

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2013/10/28

IBM SmartCloud for Social Business と XPages アプリ連携

Notes/Domino 資産をオンプレミスから IBM SmartCloud for Social Business (以降SC4SB) へ移行した企業がどうノーツアプリケーションと連携させるか、そのひとつの例としてあるシナリオが紹介されています。
既存のアプリといっても XPages のアプリケーションになります。

ここ1年半前からセッションで XPages の話をさせて頂く機会があるごとに何度も繰り返し言っていますが、XPages は モダンな Web アプリケーションを作成する開発プラットフォームだけでなく「ソーシャルアプリ/モバイルアプリの開発プラットフォームです、今後 XPages をやっていかないとノーツ技術者はどん詰まりになりますよ」と言ってきましたが、ようやくそういう XPages を使ってノーツ DB との連携の話がちらほら聞けるようになってたので正直ホッとしてます。

では今回この「The Power of IBM SmartCloud for Social Business and XPages App Dev」で SC4DB と XPages の連携をお楽しみください。

といっても英語なので、ここで簡単に説明します。
ある保険会社のサポート部隊の話です。その会社の SC4SB に招待されたビジネス・パートナー、Paul さんがフォーラムで質問を投稿します。
1st ラインの女性担当者、Samantha さんが XPages 化されたノーツ DB 上で表示されている SC4SB からのその質問を自分にアサインしてやりとりが開始。(SC4SB→XPages)

その女性担当者は、XPages アプリ上でその質問への追加質問を XPages アプリに入力すると その追加質問が SC4SB に現れます。(XPages → SC4SB)

SC4SB 上にいる Paul さんと XPages アプリ上で作業している Samantha さんのやりとりは両方のプラットフォームで連携して同じ内容が表示されています。

回答にヘルプが必要だった Samantha さんは XPages アプリ上で同僚の 2nd ラインの Alan さんの助けを借りてコメントをもらうのですが、Alan さんからの内部のやりとりは SC4SB には反映されない制御をしながら、内部外部のコメントが XPages アプリ上でもわかるような XPages アプリになっています。

技術的な背景には Social Business Toolkit で実現しているようです。
今後も Social Business Toolkit の動向も注目していきたいですね。



0 件のコメント:

コメントを投稿