slack

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2013/12/19

IBM Domino サーバーのモニタリングは GSX にお任せ!

チームスタジオジャパン株式会社GSX Solutions 社(本社スイス) が、IBM Domino に特化したモニタリングツールとレポーティングツールの日本国内の独占的販売および第一次サポートで提携しました。
http://www.gsx.com/blog/bid/88345/exclusive-teamstudio-patnership-bring-gsx-products-to-japan

GSX Monitor はエージェントレスのモニタリングツールで IBM Domino のサービス、タスク、キャパシティの監視に加え、メールルーティングや複製といったドミノに特化した End-to-end のモニタリング、そして log.nsf などログファイルで現れる異常の検出、サーバーエージェントの稼働監視、データベース ACL や notes.ini、ドミノディレクトリー上の設定文書への変更などドミノ運用担当者が必要とする様々な項目をリアルタイムで監視します。
異常を検知した場合は、メールやデスクトップへのポップアップなどの通知を異常のイベントごとに細かく設定できるアラートシステムを搭載、第一次の通知に加えエスカレーションも可能。
GSX の主な機能は以下のとおりです。
  • Domino上で稼働するサービスやタスクの監視
  • mail.box 上の滞留メール、DEAD メールの監視
  • Log.nsf、domlog.nsf、agentlog.nsf の監視
  • ディスク容量監視
  • URL と Port
  • Domino サーバーの CPU/メモリー/HDD 容量
  • メールルーティング
  • 複製
  • クラスタリングパフォーマンス
  • notes.ini の変更
  • ドミノディレクトリー上の重要な設定文書の変更
  • データベース ACL 設定の変更
  • エージェントの稼働状況
  • データベースパフォーマンス
  • データベース利用状況
ドミノ専用だけあって、複製やメールには単にタスクの動作だけでなくEnd-toEndテストによる正常な稼働監視に工夫がされています。

運用担当者だけでなく、たとえば開発者の立場から気になるのは Domino 上でスケジュールエージェントが正常に動いてくれているかどうか。そんなニーズにもしっかり応えてくれます。
こういう障害にはこの人(グループ)へアラートを送るといったきめ細かいアラートシステムが備わっているので、エージェント実行時のエラー、起動しなかったっというものは開発チームに送ってといったことにも柔軟に対応しています。

その他 Sametime や Traveler の稼働もモニタリング可能です。

さて次は、GSX Analyzer。GSX Monitor で収集した監視情報を収集累積し、運用管理で必要な現在の稼働状況はもちろん、トレンド予測で将来に起こることが予測されるハードディスクやデータベースのそれぞれの容量についてグラフィカルな Web ユーザーインターフェースで視覚的に把握することができます。いわゆるダッシュボード的な全体像の把握にはもってこいのレポーティングソリューションです。ユーザーと結んだ SLA や KPI を予めセットすることで、ドミノの健全性と契約が順守されているかひと目で確認できます。


GSX Monitor & Analyzer、私もテストで使用して一番驚いたのは、インストールからひととおりの設定まで英語の UI であるにも関わらず 1 時間程度でできてしまったことです。

私がテストしたときはまだ日本語のヘルプがなかったのですが、ついに完成しました。
www.gsxsolutions.jp にオンラインヘルプが!

GSX 社も日本の市場にコミットしていく意気込みの現れでしょうか。早くもヘルプまで完成。他のドキュメント類も続々仕上がっています。

肝心の製品自体の日本語化についても、2014 年 2Q 終わりか 3Q 初めあたりで既にプランされています。

資料だけじゃなく、やっぱり実際試してみたいよね。そうお思いの方、30日という期間の試供もできます。
http://support.gsx.com/  で製品をダウンロードしてください。ダウンロードリンクをクリックするとアカウントを作成するのに必要な項目に入力しサブミットすればすぐダウンロードが始まります。(今はまだ英語だけどがんばってください)


0 件のコメント:

コメントを投稿