slack

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2014/02/20

Ytria EZ Suite 12 が 3 月にリリース予定

Ytria のニュースレターを購読されている方なら既に一報が入っていると思います。この3月に EZ Suite のメジャーリリースがリリースされます。
http://www.ytria.com/URLRef/14news02/webnews?rqn5C152


まだ実物を見ていないの正確にお伝えすることはできませんが、ニュースレターの内容を見ると新たに「自動化」(Automation) の機能が追加されるようです。
「自動化」とは?
ツールを使用する際、この自動化によってユーザー自身でマクロを作成できるようなり、繰り返し行いたい作業をこのマクロを登録、呼び出すことでいままで個別で保存していたような内容を自動できるというもの。これがすべてのツールで使用できるようです。

加えて、この v12 では
  • グリッドの内容を Excel のネイティヴ形式にエクスポート可能
  • HTML やリッチテキストフォーマット内グリッドコンテンツにコピーペースト可能
  • scanEZ を使って文書全体に対して検索置換が可能
  • scanEZ で文書レベルの暗号化が管理できるようになる
  • viewEZ と databaseEZ で ビュー/フォルダーの索引のサイズを確認したり、索引を削除できる
  • databaseEZ でデータベースタイププロパティを確認したり変更可能
  • databaseEZ ですべてのデータベースの暗号化の状態を確認可能
  • databaseEZ で複数のデータベースのユーザー利用状況を表示したり、ユーザー利用状況の記録オプションをオン/オフに設定可能
  • replicationEZ でレプリカ間の文書および設計の追跡が可能
  • aclEZ でACL エントリの検索と置換が可能
  • aclEZ でグループナビゲーターとアドレス帳存在チェックの改善
  • scanEZ で文書検索のスコープの制限
などが挙げられています。
ツールを使用していて、こうだといいのにと思うようなところがかなり網羅されている感じがします。

個人的には特に scanEZ の文書全体に対しての検索が可能になった点に注目しています。これまでのリリースではある特定のフィールドにある値に対して検索がかけられたのですがこれがフィールドを特定せず文書全体にまで広がったこと。これで Teamstudio Configurator は開発専用(設計中心)、scanEZ は管理専用(文書データ中心)の棲み分けができたのではないでしょうか?

あとは databaseEZ のユーザー利用状況がどのように表示されるのかも注目したいところです。

日本語化の作業もこのリリースに合わせて前もって行います。
日本のユーザーの方には英語版(グローバル版)リリースと同時に日本語ローカライズも完了した形でお手元にお届けできる予定です。

楽しみにしてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿