2014/04/30

Masteting XPages 第2弾

XPages 開発本第2弾、「Mastering XPages: A Step-by-Step Guild to XPages Application Development and the XSP Language (2nd Edition)」、少し前までは5月15日が amazon.co.jp では発売予定としてあがっていましたが、先行してKindle版がリリースされています。

http://www.amazon.co.jp/Mastering-XPages-Step-Step-Application/dp/0133373371/

ハードカバーは現在の価格では 8,826円、一方 Kindle版では半値以下の 3,734円で販売しています。

電子書籍と実際の紙の本ではびっくりするほどお値段が違います。

会社で回し読みするような時には、当然紙の本のほうが良いわけですが、通勤時間に読むとか、休日に自宅に持ち帰って読むとか、持ち運びするのにはちょっと分厚い感じの本です。
それに、この本は英語なので、会社でどれくらい回し読みできるか甚だ疑問ということもあります。
やっぱり値段の安い電子書籍だよねぇ!といっても、読むのに必要な Kindle 端末や iPad での Kindle アプリは、大抵個人の持ち物なのでこの電子書籍を会社所有にすることが難しいかもしれません。
会社の経費で購入する場合は、はやり紙の本になるのでしょう。領収書も必要ですし。。。
私は、過去出版された XPages 関連書籍(英語)からずっと個人の Kindle 書籍として購入してきたので、自然と今回も個人購入にします。
電子書籍選択の理由はもちろん経済的理由(安いほうを選択)が一番の要因ではありますが、この本の目次を見るとそんなに新しいことがふんだんに出ているわけではなさそうなので、それもひとつの理由でもあります。

Kindle 端末として所有している WhitePaper で読むのは、コードやスクリーンショットが掲載されている部分の表示が粗いので疑問符がつきますが、iPadのアプリでは遜色なく見ることができます。Kindle 端末で気にいっているのはやはり検索ができるということでしょうか。章立てがきちんとしているので、頻繁に検索することはあまりないのですが、ちょっとした調べ物にも検索できるメリットは欠かせません。

いま、悩んでいるのは amazon.co.jp から購入するか、amazon.com から購入するか。amazon.com のアカウントもあるので、そちらから電子書籍は購入できます。amazon.com からの購入の利点は PC や Mac 版の Kindle アプリでも見ること。(amazon.co.jp へアクセスすると今日現在拒否されます。なにかの陰謀か?)

いづれにせよ、GW中にさらっと読んでしまおうと思います。





2 件のコメント:

  1. 私は電子書籍用の端末をもっていないので、紙の本を購入いたしました。
    5/1 16:25現在で7,334円でした。

    返信削除
  2. 御代さん、是非翻訳してください。

    返信削除