2014/10/07

サーベイからみる IBM Notes/Domino の動向

米国の PSC が 9月中旬から10月初旬にかけて行った IBM Notes/Domino コミュニティへのサーベイ結果が発表されています。
Original Source : PSC IBM Notes/Domino Poll Results

このサーベイで 世界中から 423 名が回答が寄せられました。国別の内訳は、
米国:45%
ドイツ: 8%
英国: 8%
など計54の国から回答。米国が約半数と多いのですが、国数を考えるとほぼグローバルワイドの数値と捉えて良いと思います。また、回答者の属性として、
  • 開発者/運用管理者: 63%
  • マネージャー: 15%
  • ディレクター: 10%
  • エグゼクティブ: 8%
  • その他: 4%
質問の内容のひとつめ:IBM Domino を現在どのように使用しているかという設問には、
  • メールとアプリケーション: 80%
  • アプリケーションのみ: 16.8%
  • メールのみ: 3.8%
続いて IBM Domino へのコミットメントについての設問と回答は次のようになります。
  • IBM Domino にコミットしている: 53%
  • メールに関して他のオプションを評価中: 5%
  • アプリケーションに関して他のオプションを評価中: 9%
  • メール/アプリケーションで他のオプションを評価中: 16%
  • 他のプラットフォームへ移行することに決定している: 17%

IBM Domino をクラウドへ移行する計画については
  • 現在のところ考えていない: 47.5%
  • 検討中: 28.6%
  • 移行決定、または既に移行済み: 9.2%

最後に、IBM Mail Next への興味はどの程度かという設問に対して、
  • 非常に興味がある: 17%
  • ある程度興味がある: 40%
  • 興味なし: 23%
  • 何それ?、知らない: 9%
 という結果になっています。
みなさんは、このサーベイ結果ででてきた数字についてどう思われますか?
詳細はオリジナルのページでご確認ください。



なお、日本のコミュニティでも 10月17日(金)19時から21時、IBM イノベーションセンターで「テクてく技術者夜会 コミュニティ編」で、「IBM Notes/Domino について熱く語ろう!」をテーマにワールドカフェ形式でこういった動向(特に日本での動向)も踏まえながらディスカッションが行われるはずです。是非、こちらもご参加ください。


0 件のコメント:

コメントを投稿