2014/11/20

IBM Verse のアーキテクチャー

革新的なメールソリューション IBM Verse のニュースが世界じゅうを駆け巡りましたが、実際どんな仕組みなのか好奇心に駆られた方も多いと思います。
私が唯一見つけたアーキテクチャーの内容を示すものはこちらです。

ニュースや発表イベントでは「Notes/Domino」の言葉さえ出てこなかったのですが、メール部分のバックエンドには Notes/Domino のメールが使われるのがわかります。
オンプレミスでメールを使っている多くの企業には IBM Verse の恩恵は受けられないので、IBM Verse 利用時には SmartClould Notes へ移行が必然となるものと思われます。これを受けて IBM はますます クラウドを加速促進する戦略をとって行くものと思われます。

2 件のコメント:

  1. 11/25の福井でのイベントに参加させて頂いたものです。本当にSmarterCloudに移行させる気なのでしょうが...  やはりカスタムアプリをどのように持っていくべきかは悩むところです(PBクラウド?)。

    返信削除
  2. 今日聞いた話ですが、オンプレミスも来年後半にリリースされる予定らしいです。Analyticsなどどういう構成をするのかは今の時点では不明ですが、来年の IBM ConnectED ではっきりするのではないでしょうか?

    返信削除