2014/12/05

2015年の IBM Champions for ICS が発表されました!日本からは6名の選出


2015 年の IBM Champions for ICS が発表されました。
今年は 200 名のノミネーションがあり、全世界で 96 名が選出されました。
日本からは 6名。再任の 4 名に加え、新たに 2 名の新任者が誕生しました。
そのお知らせと来年への小さな決意をここに記しておきます。


日本からの再任のチャンピオンは
御代 政彦 (株式会社エフ)
海老原 賢次 (リコーITソリューションズ株式会社)
吉田 武司 (株式会社ソルクシーズ)
加藤 満 (チームスタジオジャパン株式会社)

新任のチャンピオンは
阿部 覚 (ネオアクシス株式会社)
田付 和慶 (KTrick 合同会社)

選出されたみなさん、おめでとうございました。

さて、今年の IBM Champions for ICS の選定プロセスにおいて、明らかに昨年と違うと思われる点が、今年は明らかに他薦によるものが増えたことでしょう。
2011 年 のIBM Champion プログラム創設時期から徐々に認知されていくなかで、応募には当初から自薦と他薦の両方がありますが、他薦の重要性が大きくなりつつあります。現に今回は200名の個人のノミネーションに対して500の応募があったそうです。

来年は私も自薦しないことに決めました。
英語が不慣れな日本人が自薦しないことは、応募方法がすべて英語であることを考えると極めて可能性がゼロに近くなると思います。そのハードルを乗り越えて私を推薦してくれる人がいれば本当にコミュニティに必要な人だと認めてくれたことになると思っています。来年はそれを自分のモチベーションにして行きたいと思います。
もちろん私は自分の目で見てこの人ならという方を他薦することにします。


1 件のコメント:

  1. > 来年は私も自薦しないことに決めました。
    これ、私も自分の脳裏によぎりました。
    でも、日本のNotes技術者はそこまでしてくれる人はまだいないだろうなぁと思ってますので、また自薦かな。
    加藤さんについては、なんとか英語を上達させて推薦できるようになります!(あれ?これって、宣言?・・・)

    返信削除