slack

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2015/01/28

IBM ConnectED レポート:Domino Application on Bluemix 追加情報

Notes/Domino アプリケーション開発者が IBM ConnectED 2015 でもっとも興味を引いたアナウンスメントは Domino Application on Bluemix だと思います。その後のセッションやネットワーキングを使っていろいろ情報をかき集めようと試みました。決してオーランドまで遊びに行っているだけではありませんが、イベント期間中、他のセッションを受けていたりするので、ひとつのテーマ、特に新しい発表について深掘りする機会は正直ほとんどないのが実情です。今回も、現地以外からのリソースも含めてまとめて見ました。
まず、Bluemix 上で動くNotes/Domino アプリケーションとは XPages アプリケーションです。ノーツクライアント上で動くアプリではありませんので、その辺りは誤解氏泣いてください。
Bluemix のアーキテクチャに適用できる新しいXPagesのランタイム、Domino データサービス、XPages ボイルテンプレートが導入されます。Bluemix 上で XPages アプリケーションはコード部分とデータの二つの部分に分かれます。

Bluemix 上の XPages ランタイム

Bluemix ダッシュボードを開くと「.xsp」という Domino XPages ランタイムを選択できます。このランタイムで Bluemix 上で XPages アプリケーションコードを動作できるようにします。
Xpagesruntime

XPages ボイラーテンプレート

ボイラーテンプレートを使用すると開発者がすぐに開発を始められるように上記の XPages ランタイム、Domino データサービス、サンプルデータ付きで利用できるようになります。
Dominoboilerplate2

開発

開発は、自分の Domino Designer を使用します。NSF をコマンドツール (cf コマンド)でBluemix にプッシュするか、Domino Designer にプラグインが用意されていて、「設定」(プリファレンス)でには Bluemix のセクションがあり、Bluemix サーバーのURL、ログインユーザー、パスワードを指定することで、直接シームレスに連携させることも可能です。
このアプリケーションの開発には Domino Designer 9.01 が必要となるようです。
Dominobluemixtool

最後に、ボイラーテンプレートには下のようなサンプルが付いてきて文書の CRUD の操作ができるようになっています。
Xpagesbluemixsample


 その他、Domino データサービスも利用可能です。つまり他のシステムからのアクセスも可能にしますのでシステム連携で利用するといったシナリオも考えられます。

2015 年後半には、ベータが登場しますので是非試してみたいもののひとつですね。


0 件のコメント:

コメントを投稿