2015/09/10

Bluemix XPagesランタイムの機能追加

2015 年 9 月 1 日付けで Bluemix 上の XPages ランタイムに機能が追加されています。
変更点は以下の 3 点ですが、いづれもランタイムの Java コードのセキュリティポリシーに関するもののようです。
  1. 新しいランタイム環境変数の追加
  2. XPages Java セキュリティの構成 
  3. XPages Extension Library の最新版(リリース14)

XPages のランタイムに「APP_JAVA_POLICY_ALL_PERMISSION」という環境変数が用意され、有効にする(値を”1”)ことでカスタム Java コードも動作するようにするものです。こちらの設定は皆さんの書いた Java コードがランタイム上ですべてを許可されるものです。開発環境としては有効だと思いますが、実際の本番環境ではちょっとという場合には、JVM のセキュリティポリシーのファイルにマージ可能な java.policy-fragment ファイルに許可する Java コードの指定ができ配備することも可能です。
これらの更新に伴い、現在 OpenNTF に公開されている XPages Extension Library の最新版リリース14で指定できるようになっています。



詳細については、原文 XPages Runtime Update をご確認ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿