slack

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2015/09/02

IBM Notes 9.0.1 FP4 適用時の不思議な出来事



開発環境やデモ環境を仮想環境に構築することが頻繁にあるのですが、今回はそんな作業の中での不思議な出来事のお話。

仮想環境の OS に Windows10 を使うことにして、Windows10 でサポートされる IBM Notes/Domino 9.0.1 FP4 をインストール使用としていていました。
以前にダウンロードしておいた IBM Notes 9.0.1 スタンダード版のインストールプログラムを使って、インストール完了。次に 9.0.1 FP4 をダウンロードして適用し始めたとき、ふいに下のようなエラーメッセージがあがってきました。


 Error - version mismatch. Expected to find version: "20131022.0932", found version(s): "20131015.0605".

と表示されて先に進めません。インストールプロセスが始まってすぐに出るので、インストールしたノーツクライアントのバージョンとの整合性が合っていないような意味合いのッセージであることは容易に想像できます。
IBM Software Catalog から以前ダウンロードしたプログラムはファイル名が「 ND_Dsgr_Admin_9.0.1_WXP_W7_W8_JA.exe」となっているので間違いなく 9.0.1 用なんですが、今日同じくダウンロードできるファイル名を確認したら名前が違っていることに気づきました。いつも新リリースがでると「イェーイ!!」とばかり速攻でインストールしていたのですが、罰が当たったのでしょうか?
海外コミュニティの中でもそんなようなことが話題にあがった記憶がないので(真相のほどはわかりません)
バージョンミスマッチとでている番号は日付時刻っぽいので速攻でダウンロードしてからなにやら闇変更が合ったのかもしれません。そこで現在のものをダウンロードすることにしましたが、これがまた結構時間がかかってしまっているので(執筆中もダウンロード中です)Google 先生にエラーメッセージを頼りにお尋ねしてみました。
たぶんFP3からそういう現象が出ていた感じです。


上の図を見てください。FixPack のインストール時に展開するインストールプログラム(私の場合は C:¥Temp¥IBM Notes¥FP4 に展開しました)にある fix.ini にある記述に今回引っかかっていた記述があります。
fix.ini
fix.ini の記述
ForVersion=20131022.093220131015.0605 に変更して保存。その後、再度FixPack4のインストールを展開した「setup.exe」から実行すると正常に適用にされました。

考えるに、これから出てくる FP5 などが出てくる都度、この記述を変更しなければならないのはまったくナンセンスなので、本来は最新のプログラムを入手することをお勧めします。

ちなみに、最新のノーツクライアントインストーラーでインストール、FP4を問題なく適用できるかどうか?それはこの執筆段階では不明です。だって、これを書いている間もまだダウンロードが終了していません。かれこれ4時間ぐらいかかっています。。。。
因みにダウンロードファイルのファイル名は「NOTES_DOMI_DESNR_9.0.1_WIN_J.exe」です。


2 件のコメント:

  1. これですかね。
    (参考) IBM Notes 9.0.1 Social Edition に修正プログラムが適用できない
    http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21660138

    返信削除