slack

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2015/11/27

ありがとうございます! IBM Champion 2016 IBM Social Business に選出されました

約 1 年前に「2015年の IBM Champions for ICS が発表されました!日本からは6名の選出」のポストで公言したとおり、2016 は自薦をせず、他薦を待つ今回の選出となりました。ノミネーションの期間中は内心ハラハラドキドキしていました。日本時間の11月24日未明に発表になりましたが、奇特な方がいまし私をノミネートした方がいたようです。そのおかげで今回も選出されていました。ありがたいことです。私をノミネートしていただいた方に感謝しています。

発表時には何故か姓と名が逆になっていたこともあり、勘違いした弊社の CEO から「なんで今年は選ばれなかったのか?!」と朝一、直メールが入るオチまでつきました。


今回の発表の内容を見ると、海外勢の人数が大幅躍進、その陰に隠れて日本のチャンピオンが 4 名と減ってしまったのは少々残念です。人によってはアピール度合いが薄かっただけとか、謙遜して自薦しなかった人もいたようなので、今年選ばれなかったとしても日本で活躍されている方が他にもたくさんいることを忘れていけません。




他 3 名のチャンピオンはそれぞれご自身のブログで決意表明をされています。是非ご参照ください。
Star Wars Aurebesh 語での IBM Champions

御代政彦氏「2016年度のIBM Champions for Social Businessに選出されました
海老原賢次氏 「IBM Champion 2016 に任命されました!
田付和慶氏 「IBM Champion 2016に任命されました

最後にどうしたらチャンピオンになれますか?という質問をたまに受けます。
みなさんのチャンピオンへの意識は年々高まっている感じがします。この世界に関わる人であれば一度はなってみたいと思う方も少なからずいるようです。志はあっても判定には外国人が関与するらしいので日本語での情報発信には不利と言えます。しかし、今回の選出された方々の共通点を見て情報発信という観点から
  • ブログ
  • SNS
  • コミュニティ活動の視覚化
の 3 点セットが必須だと思われます。

ブログではキチンと技術内容や自分の意見をはっきりと述べることはもちろん、たとえば「ノーツ」と書かずに「Notes」と英語で表記するなど外国人にもおおよそこんなことが書いていることがわかるようにしたほうが良さそうです。
SNS も Twitter か LinkedIn が良さそうです。ハッシュタグを付けたりすることを欠かさず、常に検索されることを前提に考えましょう。そうでなければ、戯れ言と取られても仕方ありません。実際、Facebook での情報発信は有効ではありません。Twitter とともに情報発信したほうが良さそうです。
コミュニティでの活動は、講師をしたら Slideshare などでスライドを必ず公開しましょう。
積極的に世界のコミュニティへ参加しましょう。例えば、前回のポストのようなコミュニティに対しても。 海外の人達との交流もチャレンジしてみましょう。

ブログ執筆が基本、それに付随して SNS を活用。これが私の思うチャンピオンへの近道だと感じています。総じてこれらは腰掛けでできることではありません。そう考える、それなりの自覚と時間の覚悟が必要になってきます。
大変ですが、私たちは新しいチャンピオンが登場することを切に願っていますので、来年チャレンジしたいと思うかたは是非参考にしてください。

そしてチャンピオンなるといいことがありますか?という質問もよく受けますが、残念ながらステータス認知が低いので、国内では特にいいことはそれほど多くはありません。あしからず。

0 件のコメント:

コメントを投稿