2015/11/20

世界の XPages 開発者と繋がる新しいコミュニケーション方法が誕生

ちょうど今週の XPagesDay 開催期間中に海外の XPages 開発コミュニティから Slack を使用したコミュニケーションが提案されました。
http://www.notesin9.com/2015/11/16/announcing-the-xpages-development-chat-on-slack/ (XPages.slack.com)
Join the XPages Developer Community community on Slack
参加の登録は下記より行えます。私が登録したのはまだ運営者に直接メールして入れてくださいとお願いしていましたが、先日こちらのページから自動登録できるようになっています。ぜひ興味のある方は登録してみてください。
http://xpages-slack-invites.herokuapp.com/
Slack とは、欧米を中心に 1万3000 社以上の企業で採用されているコミュニケーションツールの一種で、企業内にとどまらず企業の枠を超えてチャットを中心としたサービスです。無料で使用出来る範囲が広く1日にサービスを利用するアクティブなユーザー数は100万人を超えるといわれています。会社のPCではセキュリティ上の関係で見れないとかという方もご自身の iOS(iPhone、iPad)、Android、PC(Windows/Mac) に対応しているので、全くタッチできないというわけではありません。
海外の XPages コミュニティの活動としては、Srackoverflow でアクティブに Q&A のサポートが見られましたが、今後この Slack での活動がどのような意義や方向性を持つかわかりませんが、一助になることは間違いありません。世界の XPages 開発者と繋がる良いツール事でしょう。
日本では、Stackoverflow と同じような活動をしている qa9 for ICS(Lotus) Developers というコミュニティによるサイトもあり活発に活動を行っています。こちらも活用していただきたいと思います。
Q&A のみならず、今回の XPages.slack.com の日本人同士によるコミュニケーション (XPagesJ.slack.com??) が必要でしょうか?みなさんはどう思いますか?


2 件のコメント:

  1. うーん、やはり日本のNotes技術者は日本人同士の方が参加しやすいでしょうね。
    日本語専用slackチームを作りますかねー。それとも本家に日本語用ルームを作ってもらうか・・・。
    閉鎖的になってしまうのも、うーん、という感じではありますが・・・

    返信削除
    返信
    1. つい先ほどですが、来月XPages Extlib Japan Project でどうするかを検討することになりました。海老原さん、もう少し方向性が決まるまで少々お時間ください。

      削除