slack

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2016/02/02

【速報】IBM Connect 2016 基調講演 その1

今年の IBM Connect 基調講演は1部、2部とわかれていました。1部に関してはまったく興味のわく内容はありませんでしたので、2部で行われた製品の新機能デモを中心に、その内容をお伝えしたいと思います。

【IBM Connections と IBM Verse】

まず、下のスクリーンショットをご覧いただければ IBM Connections と IBM Verse が統合されたインターフェースで、上部の「ソーシャル・バー」で行き来がスムーズのなったのがわかります。
Unified Connections and Verse with Social Bar
下のスクリーンでは「My Action Center」と呼ばれるところから、「今日」対応すべきもの、アクションが必要なものなどメール、チャット、メンション、カレンダーなどにアクセスでき、パーソナルアシスタントの機能がより強化されたことが伺われます。
IBM Verse  My Action Center
また画面中央には、カード型の情報がスタックされた作業のサマリーが表示されており、ワンクリックでカードを切り替えアップデートを次々に処理することができるようになっています。
次に IBM Verse のメールにファイルが添付されている場合に、下のスクリーンではプリビュー、ダウンロード、Connections へ共有がシングルクリックで行えます。
Verse How to deal files
Connections への共有を指定した場合、Connections 上の共有設定とともにそのファイル(デモでは下のPowerPointのファイル)に対して、「Need Action」を指定して今日/明日/1週間/いづれかのアクションの期限を指定できるようになります。これで冒頭に出てきた「My Action Center」への連携を行えます。
Sync Files
また、Connections へ共有したファイルは、自分のローカルにも同期(Sync)でき IBM Verse のメールから直接アクセスできるようになります。
Sync Files 2
Connections 上で共有同期されたファイルは、メール上で扱えるようになります。
一方、IBM Verse 上のメールからは IBM Connections 上の自分のファイル「My File」(階層フォルダー内のファイル「MyFolders」も)へのリンクを相手に送ることができます。もちろん、送信相手にはそのファイルへのアクセスも自動的に付与されます。
Nested Folder
 ファイルの添付には「Box」も利用できます。
Box

Box 2
次に IBM Verse 上であなたが誰かにのメールを送信する際に Watson があなたのメールの文脈を解析します。
Watson
解析する内容を見ると、文脈が少々否定的な言葉が散在しているのが、赤くハイライトされます。感情的トーン、ソーシャルトーン、ライティングトーンのレートが表示され、ハイライトされた言葉をもう少し肯定的に書き直しますかと提案してくれます。
Watoson 2

少々長くなりましたので、このポストは一旦これで切り上げます。次は IBM Verse のカレンダー機能が大きく機能改善しましたので、そちらを紹介したいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿