投稿

9月, 2017の投稿を表示しています

IBM Domino Applications on Cloud 10月よりサービス提供開始

過日の Notes/Domino Day 2017 でにおいて「IBM Domino Applications on Cloud」の発表が世界に先駆けて行われました。企業内で開発運用している独自のカスタムアプリケーションをクラウドできるオプションとして利用できるようになりました。



契約に関するハイライトは
最小アプリ(.nsf)数は 10 より契約期間は 1 年以上ライセンスは BYOL (Bring Your Own License)で、SS&S も必要 上の動画最後の方に出てきているように、1 データベース/1月あたり $27 からとあり日本円での価格は発表されていませんが、約3万円弱が予想されます。データベースの数による段階的なディスカウントもあるのでと予想しています いづれにせよ、サービス提供に先立って価格を含め確定されたものがまだ発表されていませんのでここ数週間の動向を伺っていきたいと思います。

【速報】IBM® Domino® Community Server の発表

今年5月にお伝えした「IBM が開発者向けの Domino サーバーを無償化か?」が、具体的なものとして昨日発表されました。

Preview: IBM Domino Community Server for Non-Production intends to meet the high-impact challenges of application testing in non-production environments----2017/09/15 追記---以下日本語のアナウンスもありました。また提供されるのは英語版のみです。プレビュー: IBM Domino Community Server for Non-Production は、非実稼働環境でのアプリケーション・テストにおける非常に重い課題に対応します。--- IBM® Domino® Community Server のこのオファリングは学生、開発者、ベンダーが Domino アプリケーションをテストするのに利用できる Domino ユーティリティ・サーバーで本番環境でないものとして無償で利用できるものです。このオファリングはもう少し先に developerWorks のこのサイトにアップされるとしています。
 おそらく来週東京で開催される IBM Notes/Domino Day 2017 で詳細を聞くことができるのではないでしょうか?