Domino Apps on iPad、ラスベガスの IBM Think でベールを脱ぐ

今週開催されているラスベガスの IBM Think でついに衝撃の「Domino Apps on iPad」のデモが公開されました。トップシークレット扱いだったものだけに、世界中の IBM Domino ユーザーから熱い視線が向けられています。
お披露目となったセッションで公開されたスライドの一枚には次のように書かれています。


Domino Apps on iPad - Key Points


We did not transform the application
  • It is the same classic NSF. Notes Domino code is running on iOS.
We did not break or touch the business logic
  • LotusScript just runs unmodified
  • Complex forms and logic work
  • Come to DominoTopSecret sessions to see more or try the iPad yourself
Customer do not need to spend $10,000 to $Millions re-writing each application on a new platform
The 100-1000s apps in your company will just run on the iPads



NSFに何も手を加えず、iOS 上でアプリケーションが動作するとして、LotusScript さえ何も手を加えず、複雑なフォームもロジックさえも動作するという画期的なものに。


複製(レプリカ)も iOS 上で使用できます。現在の段階では、データの暗号化までは完成していないようですが、正式な出荷時には暗号化もサポートされるようです。


iPad 上のアプリを動かすには、もちろんノーツの ID は必要となるわけですが、ID Vault 経由となるそうです。

こちらが、デモ機を使って操作している参加者の方からの公開されている動画です。

今現在の?としては、iOS 上にクラシックなNSFを動かす擬似ノーツクライアントをインストールするわけですが、Domino v10 からなのか、それとも v9 でも動作するのか?(8.5.xは今年サポートを終了しますので対象外と勝手に思っています)。

スライドの最初のフレーズ「We did not transform the application」を見ると Domino のバージョン云々というより、iOS で動作する軽量な擬似ノーツクライアントを開発したと受け取れば良いのだと思っています。

モバイルでノーツの申請ワークフローのようなカスタムアプリを使いたいというユーザーにはこれまで XPagesでの開発やサードパーティ製品の利用が必ず必要でしたが、これまではこれが足かせになるケースも少なくありませんでした。これで単にモバイルでノーツが使えないから他のプラットフォームへ移行する、ノーツにコミットしているユーザーの中でもノーツのモバイル化は費用が掛かりすぎるという懸念をお持ちのユーザーには朗報ですね。



iPad/iPhone の iOS に限らず、Android にも対応する気配がありますので、マルチ端末で Notes/Domino が使える日もそんなに遠くない話になりそうです。

コメント

このブログの人気の投稿

【重大ニュース】IBM が Notes/Domino 10 をコミット、来年リリースへ

Domino v10 リリースに向けて始動開始

IBM Notes/Domino 9.0.1 Feature Pack 10 で押さえておきたいポイント