panagenda の ApplicationInsights の利用がさらに 1 年間延長に

昨年の 4 月から1年間、 IBM Notes/Dominio の S&S 契約をされているユーザーが panagenda 社の Notes 資産のインベントリー調査ができる「ApplicationInsights」を無償で使用できるよう IBM社 と panagenda 社の間でパートナー契約されていましたが、更にこの契約の延長が発表されました。
https://www.ibm.com/blogs/collaboration-solutions/2018/04/09/applicationinsights-every-journey-starts-destination-plan-get/

「ApplicationInsights」はアプライアンスとしてインストールするので、現在のDomino環境に対して何も変更を加えることなく導入ができます。最も利用されているデータベースはもとより、未使用のデータベースなどのデータベースインベントリーを視覚的に捉え、データベースの棚卸しに有効な情報を提供します。また、サーバー情報、ユーザー情報、クライアントセッションからのアクセスやWebセッションからのアクセスの判別、データベースの設計や同様のコードブロックを解析するなど、データベースをモダナイズしたり移行するうえで貴重な情報を提供しています。
ApplicationInsights Explainer for IBM Customers from panagenda on Vimeo.

無償の ApplicationInsights の入手はこちらから
www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg22000687
※無償提供されるのは最も複雑なデータベースと最も利用が多いデータベースがそれぞれ 50 までという制限があるようです。

コメント

このブログの人気の投稿

【重大ニュース】IBM が Notes/Domino 10 をコミット、来年リリースへ

IBM Notes 9.0.1 FP4 適用時の不思議な出来事

IBM Domino Applications on Cloud 10月よりサービス提供開始