投稿

9月, 2018の投稿を表示しています

まったく新しい Domino のユーザーフロントエンド - HCL Place

イメージ
コミュニティーイベント Engage 2018 で初めてデモが行われ、今回 ICONUK でも HCL Place の紹介が行われたようです。

HCL Place とは、Domino で利用できるまったく新しいコラボレーション・クライアントと言うことができます。従来のノーツクライントとは違い、ユーザー間のコラボレーションをスムーズに行うことができる斬新かつ革新的なクライアントで Windows/Mac ともにサポートされるようです。

Red Pill Now のブログに、その概要が説明されています。Red Pill Now は、Notes/Dominoの技術者集団でありながら、オピニオンリーダーとしても Notes/Domino のロードマップに独自の方向性をもつスーパーヒーロー達です。このブログを読む限り、HCL と何らかの深い関わりをもちながらこの Place を開発しているようです。

Place とは何か?Domino 10 でも動作する新しいクライアントで、決して Domino 12 とか新しいバージョンのクライアントではないと説明しています。

機能としては、
「Global (Domain) Search」グローバル検索 ElasticSearch を使って Domino 上のすべての情報に対して検索できるようになる予定です。

「Awesome Bar」(日本語ではちょっと適当な訳がみあたりません) バー入力エリアには、先ほどの検索に加え、音声による入力や言語翻訳などの機能が搭載される予定です。デモのビデオでは英語のわからない中国人に英語でコミュニケーションを取ると、先の中国人は自動翻訳された中国語を読み、中国語で返答すると英語に自動翻訳されてという内容のデモになっています。

「Real-time Collaborative Editing」(リアルタイム編集)  Domino 上の情報(ノーツ文書?)を二人の人が共同でリアルタイムに編集しながら完成させていくデモになっています。

「Contexual Chat」 あるコンテンツに対して、右側のフレームでチャットをやり取りしながらそのコンテンツに対してチャットとその履歴が取れるようになっています。

「Graph Databases」 最近FacebookやMicrosoftでAPIが公開されている話題のG…

2019年の IBM Champion のノミネーションが始まっています

イメージ
今年も IBM Champion のノミネーションの季節がやってきました!

IBM Champion プログラムは IBM 社員以外の IBM のテクノロジー、コミュニティ活動内でその専門性を発揮し貢献している方々に与えられる賞で、技術者、ビジネスリーサー、開発者、エクゼクティブ問わず様々な分野で影響力を及ぼすリーダーとして認められた方に授与されます。

ノミネーションは自薦他薦を問いません。

一度 Champion になれたからといって「あ〜良かった良かった」というものではなく、Champion なら Champion らしくちゃんとやってねというのがここ数年の流れで、どういう活動をしたかなど細かく報告したり、日本時間の夜中にあるWeb会議(英語)に参加しなさいとかいろいろ面倒なことがありますが、我こそはと思う方はぜひノミネートしてみてください。
ノミネートはこちらからです↓
https://developer.ibm.com/champions/nominate/

ノミネートの期限は10月22日までとなっています。
Good luck!


IBM Connections 用プラグイン「Kudos Boards」が日本語対応に

イメージ
オーストラリアの IT ベンダー ISW から IBM Connections 用のプラグイン「Kudos Boards」のオンプレミス版 v3.2.1での日本語対応がブログで発表されていましたので取り上げてみました。

https://kudosapps.com/blog/2018/8/23/boards-on-premise-v321-multi-card-create-japanese-language


Kudos Boards は IBM Connections 上でより効率的なコラボレーションを実現するための付箋のようなボード(説明文ではKan-Banのようなという説明があるので、おそらく日本の看板を意味しているものと思われます)を用い、チームやプロジェクトでの活動をビジュアルに表示します。タスクやリスト項目、ファイルの添付などドラッグアンドドロップの簡単な操作で作成でき、加えてコミュニティ、ファイル、アクティビティストリームなどとシームレスに連携します。





Kudos Boards はクラウドでもオンプレミスの Connections でも利用が可能です。
さらには Watson Workspace でも利用できるようです。

最近はあまり IBM Connections の話題が日本ではあまり聞こえてきませんが、海外では強い人気があり、企業内でのコラボレーション活性化に一役買っているこういうツールも活況だと聞いています。IBM Mail Dual Entitlement のサブスクリプションで IBM Connections を使いこなせていないと感じている企業もこういったツールに目をむけてみてはどうでしょうか?