HCL社ビジネスパートナー登録を2019年1月に予定

過日発表された Notes/Domino を含む IBM コラボレーションソリューションの HCL 社売却にここ数日様々な憶測が流れていますが、HCL社からの次のメールが配信されました。恐らく、現段階では IBM Champions を中心とするコアなメンバーだけに送られていると思われますが、今後徐々に多くのビジネスパートナーにも展開されていくのではないかと予想しています。
送られきた案内メール(英語)を日本語に意訳すると以下のようになります。正確を期す訳ではありませんのでその点は保証しかねますのでご注意ください。

既にご存じだと思いますが、IBMとHCL Technologiesは先日、数々のIBM製品スイートの買収を発表しました。
IBMのパートナーとしては、皆様は、パートナーおよびロイヤリティー・プログラムを含め、今後予定されている今後の方向性やコミットメントに関する多くの質問があると思います。
しかしながら、現時点では規制によってその質問について議論できる内容が制限されています。ご了承ください。
この機会に、まもなく発売されるHCL Partner Connectプログラムについてお知らせします。
HCLは重要なパートナー様とのエコシステムモデルを継続していきます。弊社の製品グループはすべて、市場で高い評価を得ている経験豊富な技術者によるものが大きいと考えています。
 当社のパートナーは、活気のあるエコシステムを提供し、お客様の維持を支援し、イノベーションを促進し、ブランドのロイヤリティを示し、お客様とともに足元を強化し成長させ続けるよう努めています。これらは、パートナーのHCLが願うこととはともに、そのようなものとして、以下の関係性、サービスのバリューを提供します。

2019年1月にHCL Partner Connectプログラムへ参加するための登録リンクをお知らせします。
HCL製品&プラットフォームパートナーとして登録し、プログラムの詳細を習得していただくことができます。
その間、私たちは、クラス最高の製品、使いやすさ、サポートの原則に基づいて、世界クラスのソフトウェア製品ビジネスを構築するために奮闘していきます。私たちは2019年に移行するにつれ、コミュニティーとのさらなるコミュニケーションと協業を楽しみにしています。
今後、新しく立ち上げる専用サイトと登録サイトのFAQでは、あなたの質問に対する回答を提供する予定です。
それ以前に迅速な対応が必要な場合は、xxxxxxxxxxxx まで電子メールでお問い合わせください。
できるだけ早く対応するよう努めてまいります。


とあり、HCL Partner Connect と呼ばれるパートナープログラムが来年1月より登録開始とあります。これまでのコミュニティーとの関係性も継続する意思を表明しました。市場に展開するうえで、ビジネスパートナーが重要な役割を果たすことは明白で、ここ数日広まった不安を払拭するタイムリーな案内であったと評価して良いと個人的に思っています。

IBM が Notes/Domino 売り払ってしまったというだけでなく、メーカーこそ変わりますが、HCL 社での Notes/Domino 変革、イノベーションに対する本気度合いが伝わってきますので、今後の HCL の動向に注目していきたいと思います。







コメント

このブログの人気の投稿

IBM が Notes/Domino を含むコラボレーションソフトウェアを HCL社に売却

【重大ニュース】IBM が Notes/Domino 10 をコミット、来年リリースへ

IBM Notes/Domino 9.0.1 Feature Pack 10 で押さえておきたいポイント