投稿

2019の投稿を表示しています

CollabSphere 2019 でノーツテンプレートの応募コンテスト

イメージ
今年の10月にアメリカのマサチューセッツ州で開催される CollabSphere 2019 で日本を含む全世界から Notes 標準テンプレートの刷新を後押しするためのテンプレート一般応募のコンテスト(「CollabSphere Beauty Contest」)を開始しています。


ノーツの標準テンプレートは、文書ライブラリー、ディスカッション、チームルームなどこれまで見た目も長い間大きな改修もなく、新しい Notes/Domino の門出に相応しい新しいテンプレートが必要だと誰しも思っている矢先のコンテストとなります。

HCL 社内でもテンプレート刷新の動きは当然出ています(「Template Experience」プロジェクト https://templateexperience.com/ )が、よりオープンなアイデアのもとに新しいテンプレートの創作を狙いとしています。

コンテストの概要は以下の通りです。
https://collabsphere.org/ug/collabsphere2019.nsf/contest.html

参加には OpenNTF (www.openntf.org) の協力があり、そちらにオープンソースコードとして登録する形になります。
応募には個人でも構いませんがチームでの参加もOKです。
良いアイデアを持っているけど、自分ひとりでは心許ないという方、OpenNTF への登録をや貢献をしたことがないという方は、IBM Champions のどなたかにお声がけください。ご支援していただけると思います。

Notes/Domino Solution 2019 開催決定

イメージ
今年で5年目を迎える Notes/Domino Solution イベントが9月下旬から10月上旬にかけて5都市で開催されることが発表され、サイトもオープンになっています。

【Notes/Domino Solution 2019】
http://nds2019.jp/top.nsf/pages/NDS2019top

ここ数年での Notes/Domino系の IBM イベントではビジネスパートナーのソリューションを展示する機会すらなく、ビジネスパートナーのソリューションを一堂に会してマーケットに知らせる手段がなかった経緯があり、このイベントが唯一のソリューション志向のイベントでした。今年は5都市(東京、大阪、名古屋、広島、福岡)に拡大して行われれるようです。

セッションに関する詳細は、これから順次発表という形になると思いますが、Notes/Domino を含め、HCL Digital Solutions (旧:IBM Collaboration Solutions) を盛り上げたい有志のビジネスパートナーや IBM Champions の参加及びセッション、HCL社からの VIP 参加も検討されているという噂もあります。主催者の意向もあり、講演する側と参加される方との距離を縮めるための会場設定や工夫も見逃せません。

是非、みなさんも日程の確保をしていただきたいと思います。私も今後の詳細内容の発表について注目いきたいと思います。




6月末 HCL への事業譲渡完了、7月から HCL として始動開始

イメージ
なんとも中途半端な約8ヶ月でしたが、6月をもって IBM の Notes/Domino を含むコラボレーションソリューション及びその他が、HCL 社に事業譲渡の手続きすべてを完了したようです。
https://www.hcltech.com/press-releases/press-releases-business/hcl-technologies-announces-close-acquisition-select-ibm

日本 IBM からも営業/マーケティングを中心に7月1日をもって、HCLへ転籍された話をあちらこちらでお聞きします。エンドユーザーの方はこの譲渡完了について何かしらのご連絡があったと聞いています。

HCLへ転籍された方々へは、鎖から解き放たれたようにな活気あるご活躍をお祈りしエールを送りたいと思います。転籍せず、IBM に残られた方や転職された方も少なからずいらっしゃいますがその方々にもそれぞれの分野でのご活躍をお祈りします。

昨日には HCL 社から IBM Champions for ICS に対して、Champions に代わる HCL Masters、HCL Ground Masters の紹介や今後のロードマップの話などがありました。
今年の暮れには、予定している Notes/Domino v11 のリリースや、来年の暮れには v12 のリリースも考えているというこれまでにない超高速レベルでのリリースサイクルをほのめかしていました。

裏を返せば、これまで Notes/Domino に足りなかったものを今の IT トレンドに追いつくだけでなく、追い越せという勢いを垣間見た気がします。

私たちがこれまでノーツのバージョンアップで経験してきた、一度このバージョンを入れたらもう5年は心配ないといったような考え方が通じなくなってしまうかもしれません。HCLのライセンスを提供する側も考慮が必要でしょう。この流れに乗るか乗らないかはもう少し様子をみないと分かりませんね。

また、営業/マーケティングが非力なHCLでは、ビジネスパートナーの重要性がこれまで以上に増してくる感じがします。もちろんHCLではそのあたりよく承知しているようで、IBMのときでは考えられないBPプログラムを用意してロケットスタートしたいはずです。マーケティングキャンペーンしかり…

HCLへの売却発表後、日本で初となる今後の予定などを日本IBMがWebセミナーで説明

『Notes/Domino に関するHCL社とのパートナーシップと買収に関する今後のご案内』と題して、1月下旬に日本IBM が日本では初となるセミナーをオンライン形式の Web セミナーで実施します。

詳細と登録は下記URLより
https://event.on24.com/wcc/r/1915924/AE35DB4034292E392123529302D4F0D0

今後の Notes/Domino の方針を模索している企業様も多いと思いますが、このセミナーで今後どうなるのかをしっかり確認いただきたいと思います。

2月22日 IBM Notes/Domino Day 2019 Spring 開催

イメージ
いきなりのイベント発表です!!!

来月2月22日に IBMは『ノーツコンソーシアム Festa 2019』と同時、同会場開催で Notes/Domino Day イベントを開催します。

申込みページはこちらです。今すぐお申し込みを!
https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/ndday2019spring/

アジェンダを確認すると、Notes/Domino V11 ロードマップや V10 の最新情報及びデモなどの講演が行われる予定です。

HCL 社への売却発表後の初めて公の場でのイベントだけにとても興味が湧きます。
HCL社への売却で自社の Notes/Domino をどうしようかと悩んでいる企業も少なからずあると思いますので、セッションだけでなく Q&A など会場からの質問に答える形での進行も考えていもらいたいものです。『大丈夫です、安心してください』だけではもう納得しないレベルになっていますので IBM の方々には特にその点を配慮いただきたいです。

ゲストスピーチを呼んで感謝祭もあるようなので(新チャンピオンの紹介も)、こちらも参加して、その後宴会になだれ込みたいと思います。


2019年度の IBM Champions の発表がありました

イメージ
ようやく 2019 年の IBM Champions が発表されました。

思い起こせば、このプログラムが発表された 2011 年には現在の ICS 部門のチャンピオンしかなかったわけですが、現在では 9 つのビジネス部門からなり、Data & Analytics 部門と Cloud 部門で約半数を占め、ICS は15%と IBM 全体でプログラムが活性化しているのがうかがえます。とはいえ、コミュニティへの貢献などを考えれば ICS 部門のチャンピオン達が圧倒的に貢献度は今だ高いのだと感じています。


選出された方々のお名前はこちらでご確認いただけます。
https://www.ibm.com/developerworks/community/blogs/ibmchampion/entry/2019_IBM_Champions

たくさんの名前が挙げられている中、ICS 部門では今回日本からは 8名の有志の方々が選出されています。お名前はリンクはそれぞれのブログとなっています。

株式会社エフ 御代 政彦 様
ケートリック株式会社 田付 和慶 様
株式会社ソルクシーズ 吉田 武司 様
エームサービス株式会社 小野 誠 様
広瀬化学薬品株式会社 萩原 健補 様
株式会社NIS 中野 晴幸 様
コムチュア株式会社 小島 雄一 氏
そして私となります。

エンドユーザー企業から、小野様と萩原様が引き続き再任されています。エンドユーザーからの視点は、これからの Notes/Domino のロードマップ作成に取って非常に貴重なご意見をフィードバックしていただけたり、「本音」を語っていただけるので再任の知らせを受けて私も喜んでいます。

今回初の選出となる中野様はコミュニティにおいて非常に精力的に活動されていらっしゃいますので、ブログやコミュニティなどでの貢献度が高く評価されたものと思います。初の選出の二人目の小島様は、熱意が非常に旺盛で、いろんなプロジェクトで経験された知識も豊富です。

チャンピオン達にブログを一度ご覧いただければきっと役に立つ情報があると思います。

最後に9年まできたので、来年10年目の節目を目指そうという気持ちも HCL社への売却によりどうやら諦めざるを得ません。今年で私の IBM Champion は終了となります。