HCL が Connections Cloud の営業活動終了およびサポートの終了を発表

2019年7月16日付けで、HCL は Connections Cloud の営業活動(新規の契約)を終了することを発表しました。

また、現在サブスクリプション契約をしているお客様は、2020年7月16日でサービスを終了または現在の契約の終了の早い方までとなります。その契約の期間中ではテクニカルサポートは継続して利用できるものの、機能拡張については行われない模様です。

対象となる製品は
  • Verse および SmartCloud Notes
  • Connections S1
  • Connections S2
  • Connections Social Cloud
  • Connections Engagement Center
  • Connections Chat
  • Connections Meetings
  • Dual Entitlement
  • Domino Applications on Cloud
となっており、IBM Cloud 基盤のサービスとの完全な決別を目指したもののように思います。

発表のアナウンス(日本語)はこちらからご確認ください。
https://hclpnpsupport.hcltech.com/csm?id=kb_article&sysparm_article=KB0068751

このアナウンスを受けてコミュニティではかなり混乱を来している感もあることは否めません。
現在これらのサービスを受けているお客様はその移行先として何を選択すればよいのか、別クラウドサービスへの移行ツールなどは用意してくれるのかなど、様々な質問や会話が行われている状況です。Dual Entitlement ではライセンスそのものに影響が出る企業もあるかもしれません。


移行先のクラウドとしては
  • HCL Cloud
  • プライベートクラウド
  • ビジネスパートナーが提供するクラウドサービス
が挙がっていますが、HCL側では今後 FAQ を用意してその答を用意するとしています。
加えて、製品のロードマップもしっかりと発表しますということです。

これが凶と出るか吉と出るかはまだ余談を許さない状況ですが、IBMのクラウドファースト戦略から脱却し、クラウドもオンプレミスも両方にフォーカスを当てた製品作りに力を入れていく現れのひとつであることは間違いなさそうです。


0 件のコメント:

コメントを投稿

Factory Tour 4 in TOKYO 12月4 日東京で開催

「Factory Tour」は HCL が行っている開発と製品リリースの責任者が最新情報と今後の戦略を紹介し、また参加者の中からフィードバックやディスカッションを通して製品戦略をよりよいものにしていくためのインタラクティブなイベントです。今回は、日本開催で通訳の関係もあり一...