2020年度の HCL Masters プログラム、ノミネートの開始

今年もそういう季節になりましたね。HCL Mastersプログラムのノミネーションが始まりました。




https://www.cwpcollaboration.com/hcl-master-nomination.html
以下はその内容の意訳となります。


HCL Mastersプログラムは、コミュニティの最高の成果を示す表彰プログラムで、コミュニティに対して役に立つことを実践したり、情報を共有したり、イベントを開催するなど普段の仕事を「超越」しています。
応募者はHCL社員の代表者パネルによって審査されます。


自薦の場合
  • HCL Master になろうと思う理由
  • 普段の仕事をどのように「超越」しているかの具体的な例を少なくとも3つ(最大で6つ)まで

他薦の場合
  • ノミネートしようとする方の情報
    • 名前、メールアドレス、及び会社名
  • なぜ HCL Master になることがふさわしいかの理由の説明と例を詳細に
このノミネーションは 10月1日から10月31日までとします。

2019年の今年、 IBM Champions からスライド式に HCL Masters に任命されましたがHCL Masters プログラムの印象としては、ソフトウェアへのアクセスなど IBM Champions の時よりも特典が多く、大切にされている感が強いと思います。
我こそはと思う方が是非応募してください。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Notesの終了。HCLの製品ロゴから姿を消す謎?!

。。。 という過激なタイトルではありますが、HCL の新しい製品ロゴから「 Notes 」がありません。 先日の HCL Masters の月例ミーティングで尋ねたところ別に特別な意図はなく「HCL Domino」の中に含まれているとのことです。 ご安心ください。 ...